新築祝いを子供に贈る両親が知っておきたいノウハウ

新築祝い

新築祝いのときにできるだけのことをしたいと思うのが親心

Animal 21584 960 720

新築祝いを子供に贈るときに、両親の立場としてできるだけのことをしたいと思うのが、親心です。ここでは、両親が新築祝いを贈るときのノウハウ。これから新築祝いを贈る人は必見です。

両親が贈る新築祝いの一般的な相場は3万円~5万円

両親から子供へ新築祝いを贈る際には、最初に相場を知りましょう。両親から子供への新築祝いは一般的に高額で、3万円~5万円程度となります。親族であれば、最低でも1万円以上は包むようにしましょう。両親から子供へ贈るものは、品物でも現金でもどちらでもOKです。贈る時期は、新居完成の知らせを受けてから半月から遅くも2ヵ月ごろまでには渡します。

両家のバランスを考慮することが大切

両親から子供への新築祝いは、一般的に高額になります。しかし、高ければ高いほど良いというわけではありません。相場よりもあまりに高い新築祝いをだすと、子供が結婚している場合、相手方の家の人に気まずい思いをさせることになりますし、逆にあまりに相場に満たない金額も当然NG です。子供の配偶者や、相手の家の人に非常識だと思われます。

新築祝いには火を連想させるものや観葉植物は避ける

両親が子供への新築祝いに贈ってはいけないものは、一般的に新築祝いに贈ってはいけないと言われているものと同等です。火を連想させるもの、火の色でもある赤い品物や、暖房器具、火が出る調理器具などは控えましょう。また観葉植物は根が張るという縁起が良い意味がありますが、お世話の手間がかかることと、インテリアにあわない観葉植物はもらっても困るので避けた方が無難です。

自由に色々なものを買える現金は子供に喜ばれる

両親から子供への新築祝いは、なんといっても現金がベストです。新築時の物入りの際は、自由に色々なものを買える現金、や商品券がありがたいものです。特に子供が上司であったり、上の立場にある場合は、現金をお祝いにくれる人は少ないため、両親からは現金で渡してあげるのが親切です。品物を送る場合は相手が必要なものを聞いてから贈るのも一案です。

子供は両親からの新築祝いのお返しをする必要がある

次は、両親から新築祝いを貰った子供のお返しについてです。両親から新築祝いをもらったら、お返しをする必要があるのか?という問いの答えはYESです。たとえ実の両親であっても、お祝いに対してのお返しはします。お返しは現金や商品券ではなく、新居のお披露目に呼ぶか、相場相当の品を贈ります。お返しの相場はもらった額の3分の1から半額といわれていますが、もらった額が高額であればもう少し少なくても大丈夫です。

新居のお披露目パーティーを両親に楽しんでもらう

子供から両親への新築祝いのお返しは、新居へ招待してお披露目パーティーを楽しんでもらうのが一番です。もともと新築祝いのお返しの形はそれが正式ですし、実の両親には子供が建てた新居を見せることが親孝行にもなります。新居のお披露目は、両親の都合の良い日程を聞いてセッティングすると良いでしょう。両親がパーティーに来られないときは、相場相当の品をお披露目当日か前日に贈ります。

両親が子供へ新築祝いを贈るときは相場に合わせた現金を贈ることが大切

両親が子供に新築祝いを贈るときには、世間一般の相場は3~5万円と言われています。金額が相場より多すぎても少なすぎても、子供が結婚している場合は相手の家とのバランスを欠くため控えた方が良いでしょう。子供への新築祝いは現金が喜ばれます。また子供が両親にお返しをする場合は、新居のお披露目に招待すると喜ばれるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス