休暇を取る際に社会人が知っておくべきビジネスマナー

2016年12月16日休暇申請

社会人として休暇取得の際もビジネスマナーは押さえるべき

1024 cc library010007533

休暇を取得して、日ごろ疲れた体をリフレッシュしたり、普段できない用事を済ませたりするのは大事なことです。しかし、休暇取得の「さい、ビジネスマナーを守れていない社会人は意外と多いのです。休暇の取得方法についてもう一度確認していきましょう。

休暇をもらう際のビジネスマナー①:前日までには上司に伝える

急な事情で休暇をもらわないといけなくなった場合以外は、前日までに上司に「○月○日に休暇をいただきたい」と伝えるようにしましょう。休暇を得たい当日に「今日は休みます」と言うのは、社会人としてビジネスマナーがなっていません。

休暇をもらう際のビジネスマナー②:伺いをたてるようにする

上記に加えて、休暇を取得する際は「○月○日に私用のため休暇をいただいてもよいでしょうか?」と伺いをたてるようにするとさらにいいでしょう。「休みます」とだけ言うと、上司もその言い方に不満を持ってしまう可能性や、あなたに早急な頼みがある場合もあります。休暇の取得は自由ですが、できることであれば波風立てることなく、穏便にことは進めたいものです。

休暇をもらう際のビジネスマナー③:メールではなく直接伝える

これは、職場によっても異なるかもしれませんが、休暇をもらう場合、メールではなく直接、または電話で伝えるようにしましょう。メールの場合、上司が気づかなかったということも想定できます。しかし、直接伝えることでそういった心配がいらないでしょう。しかし、会社の中には、休暇の連絡は、形跡として残るメールやチャットが良いとしているところもあります。そのため、自社は口で伝えるべきか、文面とするかは会社の風習にあわせるようにしてください。

休暇をもらう際のビジネスマナー④:仕事への配慮

Busy 880800 960 720

自分が休暇を取ることで周りの人たちの仕事に影響が無いようにすることが最低限必要です。

自分が任されていることで、もし終わっていないことがあれば上司に相談、引き継ぎ担当への申送りをしっかりと済ませておくことです。

また、自分が不在になることで他の人に影響を及ぼすような場合もあるので、関係するメンバーにはしっかりと事前報告と相談をするようにしておきましょう。

休暇をもらう際は社会人として最低限のビジネスマナーは押さえておく

休暇をもらう際のビジネスマナーについてご紹介してきました。休暇をもらう際は、急な事情以外であれば、前日までに上司に直接お伺いをたててから取得するようにしましょう。そういった1つひとつの言い方で上司との関係性は変わるものです。休暇を取得する権利を労働者は持っています。取得方法だけ間違わないようにしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月16日ビジネス

Posted by BiZPARK