不動産鑑定士試験の難易度と合格するために必要な勉強時間

不動産鑑定士, 国家資格

不動産鑑定士の難易度はとても高いと言える

Office 594132 1280

まず結論から言うと、不動産鑑定士試験の難易度は、かなり高いレベルだといえるでしょう。不動産鑑定士の難易度は、国家試験の中でもトップクラスであり、レベルとしては司法書士と同じくらいの難易度があると認識しておくべきです。そんな難易度の高い不動産鑑定士ですから、軽い気持ちで受験するという人はまずいません。

短答式よりも論文問題の難易度が非常に高い

不動産鑑定士の試験の形式は、2つあります。まず1つは短答式の問題です。これは、そこまで難易度が高くはないと言えるしょう。合格率でいうと、受験者の4分の1くらいです。そして、もう1つが論文式の試験なのですが、難易度が非常に高いのと言えます。実際、ここで落とされる人が多いと言えるでしょう。

4~5年受験しても合格できない人がいるくらい難易度は高い

不動産鑑定士を受験するなら、その難易度の高さを知っておいた方が良いでしょう。実際、相当の勉強量が必要となります。しかし、いくら挑戦しても不合格になる方は当然いるでしょう。その中には、4、5年続けても不動産鑑定士の資格がとれない方もいるのです。人や勉強方法によりますが、これくらいの難易度だと理解しておきましょう。

最低でも2~3年間は勉強する必要がある

4、5年かかるのは稀なケースだと言えますが、一発で合格する確率は高くないと言えるでしょう。中にはいますが、決して多数派ではありません。不動産鑑定士を受ける人の中では、2、3回目の受験だという方が多いです。つまり、最低でも2、3年の勉強は必要だと思っておきましょう。

不動産鑑定士になるには毎日みっちり勉強するのが大事

それだけ難易度の高い不動産鑑定士ですから、不動産鑑定士になるには毎日のようにみっちりと勉強しないとなりません。ですから、仕事をしながら不動産鑑定士の資格を取得しようと思う場合、日々の仕事の中でなんとかして時間を確保する必要があるでしょう。プライベートをなげうって勉強していかないとなりません。

1日4~10時間くらいの勉強が必要

では実際にどのくらいの時間が必要な難易度なのでしょうか。不動産鑑定士になるためには、だいたい毎日4~10時間くらいの勉強が必要です。仕事のある日は4時間、無い日は10時間と考えても、かなりの時間が必要な難易度と言えるでしょう。

不動産鑑定士は1日4~10時間の勉強を2~3年は続ける必要があるほど難易度が高い

不動産鑑定士試験の難易度と合格までに必要な勉強時間の紹介でした。不動産鑑定士になりたいのであれば、毎日4~10時間くらいの勉強の日々を2~3年続ける必要があるでしょう。それくらいしなければ、突破できない難易度の高さです。目標を掲げて対策に励みましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス