国家資格とは?一覧と取得するメリット

2017年1月16日国家資格

国家資格とは?

Japan 112722 1920

国家資格と聞いて何を連想しますか?履歴書の資格の欄は「普通自動車第一種免許」だけになっていませんか?今回は読めばわかる国家資格一覧と取得するメリットを紹介します。そもそも国家資格と通常資格の違いはなんでしょうか。なぜ国家資格を取得しなければならないのか。

国の法律に基づいて各分野の能力・知識が証明される資格

国家資格とは国の法律に基づいた各種分野の個人の揚力・専門知識・特定の職業の従事が許されることを証明される資格です。国家資格と名前だけあって、取得するのは困難です。しかし、国家資格を取得すると社会的地位が保障され、民間の資格に比べて社会的信用度も高いです。

国家資格は大きく3つに分類

Digits 705666 1280

国家資格についてはおわかりになりましたか。つづいて国家資格の種類についてみてきます。数千種類と言われる国家資格は大きく分けて3つの分類できます。

国家資格の所持者のみ行える資格「業務独占資格」

1つ目は「業務独占資格」です。業務独占資格とは、国家資格がないとその業務を禁止されている資格です。業務独占資格といえば医者・看護師です。いわゆる医療行為ができるのは、医師免許の取得者のみで、取得していないと傷害罪や暴行罪に問われる場合があります。そのほか、弁護士・公認会計士の国家資格も業務独占資格です。

資格取得者のみ肩書を名乗ることができる「名称独占資格」

2つ目は「名称独占資格」です。名称独占資格は業務独占資格と異なり、国家資格を取得していなくてもその業務を行うことができます。ただし、国家資格取得者のみ肩書を名乗ることができます。介護福祉士・調理師が名称独占資格です。

設置義務資格とも呼ばれている「必置資格」

3つ目は「必置資格」です。これは、特定の業務を行う場合、その事業所に資格取得者を必ず置かなければならない資格です。そのため設置義務資格とも呼ばれています。保育士やクリーニング師、旅行業務取扱管理者が必置資格です。

国家資格の一覧

Keyboard 621830 640

国家資格は大きく分けて3種類ありました。つづいて国家資格の一覧をみていきましょう。国家資格の一覧は、さきほど説明した3つの種類に沿って紹介します。

業務独占資格の一覧

・公認会計士

・行政書士

・弁護士

・司法書士

・税理士

・医師

・獣医師

・歯科医師

・看護師

・助産師

・薬剤師

・理容師

・美容師

名称独占資格の一覧

・介護福祉士

・訪問介護員

・管理栄養士

・調理師

・マンション管理士

・労働衛生コンサルタント

必置資格の一覧

・学芸員

・クリーニング師

・危険物取扱者

・食品衛生管理者

・社会教育主事

・総合旅行業務取扱管理者

一覧を参考に必要な国家資格の取得を!

今回は「国家資格とは?一覧と取得するメリット」と題してみていきましたが、参考になりましたか。国家資格を取得する難易度は種類によって、4000時間勉強しなければ突破できない資格やただ座って講座を聞くだけでもらえるなどさまざまです。

国家資格をただ取得しているだけでは意味がありません。国家資格を活用しないと宝の持ち腐れです。

一覧を参考に国家資格取得を目指してはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK