ディレクション業務とは?知っておきたい仕事内容と必要なスキル

ディレクター

ディレクション業務とは内容を把握し全体の総指揮をとること

Lgf01a201501142000

ディレクションとは、広告業界やメディア・映像関係で多く使われる用語です。また雑誌やカタログ、デザインブックなどの印刷物でも、ディレクション業務があります。映画やテレビのクレジットでディレクターという文字を見て、そのような業務があるというのを、なんとなく知っているという人も多いでしょう。ディレクション業務を一言でいうなら「業務の内容を把握し、編集者やライター、デザイナーにコンセプトを伝え、最後までしっかりと総指揮をとる業務」です。

ディレクション業務を行う人をディレクターという

ディレクション業務を行う人をディレクターといいます。英語のDirectorから由来しており、支配人、重役、演出家、映画監督、テレビ・ラジオの番組担当責任者、指揮者という意味です。どの仕事であってもディレクターというのは、最終責任を背負わなければなりません。

ディレクション業務は仕事の到達目標を把握する必要がある

Lgf01a201501021800

ディレクション業務は、まず初めにその業務の目的到達点を把握している必要があります。テレビ番組であっても広告制作であっても、それが誰に対して、そしてどこを目指しているのかを把握して、物事の決定をしていく必要があるのです。そのために、スポンサーに対する説明であったり、デザインなどを外部に発注する場合にも、仕事内容のコンセプトを説明できたりしなければならないでしょう。

新しいディレクション業務として注目されるWebディレクター

近年ではインターネット事業が爆発的に発展して、Webディレクターという仕事も注目されています。その際にクライアントが求めてくる内容は、顧客のニーズに合い、流行のデザインを踏まえ、なおかつオリジナリティのあるWebサイトです。そのためにWebディレクターはコンセプトを練り、何が流行りなのかをクライアントに説明して、最終的にはどのような顧客に対してデザインしていくのかをディレクションしていく必要があります。

Webディレクターは効率よく仕事を行わなければならない

Webディレクターとは、具体的にどのような業務を行うのでしょうか。主な仕事内容として、プロジェクトメンバーを選んだり、制作スケジュールの設計や進行管理、コンテンツの品質管理を行ったりします。会社の規模によっても仕事内容は変わってくるでしょう。Webディレクターは複数のプロジェクトを同時進行することも多くなっています。よって、効率の良く作業を行えるスキルも必要です。また、プランニング業務や技術的な役割を必要とされることもありますので、ディレクターの仕事といっても人によって様々だといえます。

ディレクション業務にはスケジュール管理能力が最も必要

ディレクション業務には、具体的な計画を設計し、そのスケジュールと進行管理をする能力が必要になります。ディレクターは出発点と終着点を線で結ばなければなりません。ディレクターという仕事を置く理由は、多くの人間が平行して働く状況で、誰かが迷ったときや、失敗したときに正しい道筋を的確に指示するためでもあるのです。

ディレクション業務は物事を円滑に進めるスキルとコミュニケーション能力が必要

ディレクション業務をする人は物事を俯瞰的に見る必要があります。もちろん、細部にこだわって仕事内容のクオリティーをあげるのも必要ですが、細部にばかりこだわっていると、全体の流れを見失う可能性もでてくるでしょう。ディレクション業務は、物事を円滑に進めるスキルが求められ、そのためには周りの人たちとしっかりコミュニケーションをとれる能力が必要になります。

ディレクション業務は内容を把握して指揮をとる仕事でスケジュール管理能力が最も必要

ディレクション業務の仕事内容と知っておきたい必要なスキルについて見ていきました。ディレクション業務というのは、全てを統率する仕事です。クライアントやスポンサーの意向を聞き、自分のコンセプトを聞いてもらい、そして周りの人間達を動かしていくことです。そのため責任はとても大きいですが、やり遂げたときの感動もその分大きなものがあります。ディレクターは常にクライアントと顧客の顔を頭にイメージできていなければいけません。具体的にイメージできると、ひとつひとつの判断にも説得力が増すでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職