工場の品質管理の仕事内容が担う製品を提供するための役割

品質管理

工場における品質管理は製品を合理的・経済的に生産するために重要な仕事内容

Magnifying glass 394990 960 720

「品質管理」とは、顧客・消費者の求める製品を合理的・経済的に生産するために重要な工程の一つです。よって、主な作業現場は工場内部となりますが、顧客との橋渡しの役割も担うこととなるので、工場での品質管理の他にも顧客・消費者の意見を反映させることも仕事内容の一つとなります。管理するだけではない苦労や努力が品質管理にはあります。

品質管理はリスクを想定する能力が求められる

品質管理の仕事内容は、製品を作る作業ではありません。常に製品の質を向上させる、もしくは保つには「リスクを想定する」という能力が求められます。「もしもこのような事態があったら」と考え、対策をとることは、品質管理に必要な仕事内容です。実際に製品を作る立場ではないので、製造現場(工場)との連携を図るのも仕事内容の一つといえます。

品質管理は工場内だけでなく消費者や顧客とのコミュニケーションも大切

上記で、製造現場(工場)との連携を図ることも仕事内容の一つと挙げましたが、品質管理業務を担う人材がコミュニケーションをとる相手は、企業・組織内だけではありません。消費者や顧客の「声」や「意見」を聞き、製品作りに反映させるのも大切な仕事内容です。ですので、高いコミュニケーション能力やビジネススキルも求められる幅の広い業務です。

品質管理業務のおかげで消費者は安心・満足して製品を手にできる

製品に不具合や問題がないよう管理する工場内での品質管理の作業は、いわばモノづくりにおける「裏方」の仕事内容です。表立った評価や達成感を感じにくい業務ではあります。しかし、わたしたち消費者が安心・満足して製品を手にすることができるのは、その品質管理がしっかりと行われているからということを忘れてはいけません。

工場内での品質管理は貢献度の高い仕事内容

たとえ組織内でトラブルが起こっていたり、工場が繁忙期で忙しかったりしたとしても、消費者に対して「いつもの質」の製品を提供するのが品質管理の責務です。「高品質な製品を提供し続けるためにできること」を常に考え、実行する必要があります。一見地味に思える仕事内容ですが、実は企業を支える重要ポジションであり企業への貢献度も高い仕事なのです。

品質管理の仕事内容に興味があるなら自己分析が大事

もし今就職活動中の人や、品質管理の仕事内容に興味があるならばまずすべきこと、それは「自己分析」です。品質管理の仕事内容は、主には「製品の本質を知った上でリスクと向き合うこと」です。つまり、自分自身をしっかり分析する能力が求められる現場です。工場や製品を目にして、何もリスクが思いうかばない、製品の本質が見抜けないのでは工場内での品質管理の仕事には適していないと判断されてしまいます。まずは自分自身の事から分析してみるのをオススメします。

工場内での品質管理の仕事内容は地味に見えて実は消費者に安全な製品を提供するためにとても重要な役割がある

「裏方」というイメージがある工場内での品質管理の仕事内容は、実は非常に重要な業務でありなくてはならないポジションだという事が分かりました。製品をつくる・工場がある企業や組織であれば必ず品質管理の仕事が必要となります。製品を手にする際は、品質管理の重要性について一度考えてみても良いかもしれません。また、工場内での品質管理の仕事内容に興味があるときは、まず自己分析をしてみてください。それができるかどうかが、大切になります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月12日転職