マイノリティという言葉が持つ本当の意味

2017年1月16日マイノリティ

「マイノリティ」とは社会的少数者という意味の言葉

Girl 995187 1280

マイノリティの言葉の意味は、社会的少数者または社会的少数集団の事です。その社会の権力関係において、その属性が少数派に位置する者、を意味しています。欧米の「マイノリティグループ」(minority group)の考え方を輸入したものではありますが、日本では単に「マイノリティ」と言われることの方が多くあります。マイノリティオピニオン、セクシュアルマイノリティなど、前後に言葉を付けて、意味を広げて使われるケースも多くあります。

マイノリティは「普通から外れている」を意味する場合もある

マイノリティの意味は単純に少数派を表すとされています。この言葉は、少数派が有利な場ではあまり使用されていません。そのため、マイノリティとは、価値観や置かれている状況に関して、「普通から外れている」とされる場合に使用されることが多く見られます。場合によっては多数派の方がマイノリティとなる場合もあるわけです。

マイノリティとは数を意味する言葉ではない

つまりマイノリティとは、「そこに分類される人の数」よりも、あるものに関して、「これが普通であるとされている価値観とは違うものを持つ人」との意味を持つ言葉であるとも考えられます。つまり、言いかえれば「支配的な価値観に染まらない人たち」がマイノリティという言葉の本当の意味であるとも言えるわけです。つまり、「これが普通であるとされている価値観とは違う価値観を持つ人達」という意味の言葉といえます

マイノリティの意味は単純ではない

マイノリティは染まれないと思われがちですが、「染まれない」とは、「染まりたがっている」ことを前提にしている言葉です。そういった意味では、支配的な価値観に「染まりたい」人もいれば、「染まれない」のではなく、「染まらない」「染まりたくない」人たちもいるのです。「マイノリティ」という言葉に含まれた意味は単純ではありません。

マイノリティという言葉と民主主義には深い関係がある

民主主義や自由主義の国ですら、支配的な意味の価値観であるマジョリティ・マイノリティの概念が存在してしまいます。それは自らの利権を守り、そしてますます奪うために、人々を操縦可能にするべく、あらゆる価値観を信じ込ませる権力を持った人間がいるからだと考えられます。マイノリティの本当の意味を考えた時、権力者による支配的な影響を考えずにはいられません。

マイノリティには差別的な意味も含まれる

マイノリティとは、意味に差別的なものが含まれる言葉です。この差別的な言葉の意味を覆すためには、全員が「普通などというものはない」ということを認識することが大切です。マジョリティという言葉は、自分が普通であることを意味すると思い込んでいる人々も多いです。そのことから考えると、すべての人が自分の選択で、自分の価値観のもとに生きられるようになれば、差別的な意味を持つ言葉はなくなっていくでしょう。

マイノリティとは少数派を意味する言葉だが普通から外れているという差別的な価値観の解釈もある

マイノリティという言葉の本来の意味について見てきました。マイノリティは、最近耳にする言葉ですが、辞書で引く、少数派との意味だけでなく、普通ではないという差別的な意味合いで使われるケースも多くあります。言葉の意味は深く知って、正しく使っていく必要があります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK