得意先と取引先の違いとその対応方法

取引先, 得意先

「得意先」はよく取引をする相手を指す

1024 cc library010001397

取引先と得意先の違いを知るうえで、まず一般社団法人にしても、その他の法人にしても、基本的には得意先と言われるものが存在します。この得意先があることは、組織によっては大きな強みになり得ます。反対に、得意先がなければ、組織の運営上やや不安定な側面があるということにもなるのです。では、得意先の具体的な意味とは一体どのようなものなのでしょうか。

業績に繫がるので気を使わなければならない

得意先は、普段からよく取引をしている相手のことを意味します。取引先と違い、年間でも相当な回数の取引を行うケースもあるため、組織にとって得意先がいることは大きなメリットになるのです。また、組織によっては、得意先を失うことで大きな損失となり、業績が途端に傾いてしまうようなケースもあります。取引先と違い、相当に気を遣わなければならない相手になるのです。

「取引先」は取引をしている相手全般を指す

取引先と得意先の違いを明らかにする上で知っておかなければならないのは、取引先の具体的な意味です。実は、得意先は取引先の範囲に含まれています。しかし、取引先ごとの売上の違いに目を向けていくと、得意先との違いが明確なものとなります。組織にとって、取引先がいるということは収益を上げる上での一つの条件になってきます。

年に1回ほどの頻度でも取引先

取引先と得意先は、取引する回数から違います。得意先の場合、日常的に取引をしている相手のことを指します。しかし、取引先の場合、対象の範囲が広いため、例え年に1回しか取引をしない場合であっても、その相手は取引先となります。そのため、年間単位で得られる売上の違いに注目すると、得意先より取引先の額が小さくなることが基本です。

得意先や取引先は重要なビジネスパートナー

得意先と取引先には違いがあります。しかしどちらにしても、ビジネスにおいての大切なパートナーであることに違いはありません。そのため、何らかのミスでそのパートナーの関係を解除されてしまうことはマイナスになるのです。では、得意先や取引先との取引を長期にわたって継続していくために、どういった努力が必要になるのでしょうか。

最適なサービスや商品を提供し続ける努力をする

得意先および取引先との関係を維持していく上で大切なことは、サービスの質を決して落とさないことです。取引の期間中にサービスや商品の質が落ちるようなことがあれば、取引が継続できなくなる可能性もあります。そのため、得意先と取引先の違いを踏まえた上で、双方の相手をきちんとフォローしていけるようにする必要があるのです。

得意先と取引先は回数や売上の違いがあるがどちらも大切パートナー

得意先と取引先には、取引の回数や売上の額という点で違いがあります。しかし、年に数回しか取引しないような取引先であっても、良質なサービスを提供していくことができれば、得意先になってくれる可能性もあるのです。そのため、双方を違いで区別するというより、いずれも大切なパートナーとして捉え、丁寧な対応を心掛ける必要があります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス