家具業界を目指すなら知っておくべき今後の動向

2017年1月16日家具業界

家具業界は東日本大震災以降しっかりとした家具へのニーズが高まっている

African 777212 640

家具と言えば、ベッド・ソファ・テーブルなどがあると思いますが、家具業界は少しずつですが、伸びを見せています。インテリア市場全体はリーマンショック以降少し縮小しましたが、東日本大震災以降は高級なしっかりした家具へのニーズが高まり、ベッドなど寝具を中心として動向に伸びを見せています。丈夫でしっかりした家具が見直されたのでしょう。

ベッド市場の伸びには高齢化も大きな影響を与えている

家具業界の動向としてベッドの市場が伸びているのには今後の高齢化の影響があります。今後、高齢化に伴い、高額な介護ベッドなども伸びています。今後の動向として、これからはこうした高齢化社会ですので、ベッドを中心とした寝具が高額なため、タオルなどのインテリア性の強いものと比べて、今後売り上げが伸びる動向にあります。今後の少子高齢化の影響を家具業界も大きく受けていると言えます。

家具業界の動向としてブランド力が大きなカギを握る時代になっている

現在、ニトリや無印良品などが大きく売り上げをあげ、次に大塚家具や島忠という売り上げランキングになっています。無印良品は特に最近売り上げを伸ばしています。無印良品のブランド力が力を発揮しています。家具店、インテリアショップとしてのそれぞれのブランドの知名度が売り上げにつながっています。家具もインテリアも合わせたブランドとしての魅力が好調な売り上げを支えています。

業界一位のニトリは日本で企画して海外で作るという手法で売り上げを伸ばしている

業界一位のニトリは、主に自社で企画開発した商品を海外で作って輸入することで低価格を実現しています。日本でのデザインと企画開発のセンスのいいものを海外で安く作るという手法です。またニトリは、最近では海外でも店舗展開をしています。また、オリジナルブランドにこだわりを見せる無印良品も、海外展開を実施しています。

昔ながらの家具店は高級家具市場に動向を見せている

家具業界には昔からの家具店と最近のニトリのようなお店とがあると思います。高級家具を扱う昔からの家具店、そしてデザイン性のあるリーズナブルな家具やインテリア性を売るお店の両方が存在しています。今後は、トータルコーディネートとしてどちらのお店にしても部屋全体をコーデイネートすることが、今後の買い物スタイルになってくると思われます。

家具業界の新しい動向として高齢者向けの家具を展開していっている

高齢化社会を迎え、新しい住居を構える人が減り、新設住宅着工戸数の減少が予想されます。これまでは新居での家具購入に大きな需要を見込んできた家具業界ですが、今後、国内の家具・インテリア市場は縮小傾向になるでしょう。一方、高齢化に向けて高級なベッドや介護ベッドはますます需要が増える動向にあります。そして、市場の縮小化により、海外に展開していく店も増えていく動向でしょう。

家具業界は今後高齢化社会に向けた商品にシフトしていくことが動向として予想される

家具業界の今後についてのご紹介いかがだったでしょうか。高齢化社会という今後の社会の変化への対応、そして海外市場への進出など、新しい動向が見られます。市場が縮小していくことで、よりそれぞれの家具店のブランド力が試される時代にもなっています。提案的なトータルコーディネートを目指した家具業界の今後の事業展開が期待されます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK