重ねてお礼をする文章で使いたい言葉

お礼

重ねてお礼をする文章はお礼状で記載することが多い

Notebook 791070 640

これまであまり手紙を書いたことのなかった人が、いざ、手紙を書いてみようと思ったとき、最初の一歩として、いちばん踏み出しやすいのはお礼状と言えるでしょう。日常生活やビジネスシーンにおいて、お礼の言葉を述べる場面は意外にたくさんあるものなのです。気づいた時に、素直な気持ちでありがとうを文章にしてみると良いでしょう。お礼状を書くうちに自然と重ねてお礼を言いたいと思うものなのです。

重ねてお礼を口頭でする場合も

重ねてお礼の言葉を述べる場面は日常の中でとてもたくさんあります。今までお礼状を書いていない人は、何から書こうか迷ってしまうことでしょう。どんな場面でお礼をするのかと言いますと、本当に普通の場面ですが、誕生日、クリスマス、旅先のお土産など、プレゼントをもらったときには誰でも普通にお礼の言葉を言うでしょう。しかし、このような時はお礼状を書かずに、口頭で伝えることが多いものです。

「重ねてお礼申し上げます」は文章の最後に記載する

口頭だけで、お礼をする場合と、きちんと文書や、メールなどでお礼をしなければいけない場合があります。きちんとした形式で、お礼をしたい時には、お礼状を出しましょう。そして、仕事で契約や、友達に紹介してもらった時や、お客様に対するお礼などはお礼状を出した方が感謝の気持ちが伝わります。お礼をする時にいくつかお礼をすることがあれば、「重ねてお礼申し上げます」と最後に書きましょう。

気持ちを伝える言葉として使用しよう

重ねてお礼を申し上げます、と言う文章は、お礼の中でもたくさんのお礼に対する言葉になるため、とても感謝している感じが伝わります。ですから、人生の節目となる結婚や退院、退社など特別な場面において、それまでお世話になったことのお礼をする場合にも良く使われます。ですから、重ねてお礼を申し上げますという言葉は、自分がたくさん気持ちを伝えたい時に、自然と出てくる言葉と言えるのです。

重ねてお礼を伝えたいときは自分の言葉で表現する

重ねてお礼を申し上げますの、より使いやすくなるための例文を紹介していきます。例文があると使ってみたい思う人も多いでしょう。以下例文を参考に自分の言葉で表現してみましょう。

「先日はお見舞い、さらにご高配いただきまして、重ねてお礼申し上げます。」

「楽しい一時を過ごすことが出来き、また、お土産までいただいてしまいまして重ねてお礼申し上げます。」

「貴重な体験をさせて頂き、重ねてお礼申し上げます。」

「重ねてお礼」は感謝を伝えるのに良い言葉

例文を参考にして、誰かに親切にされたり、何かプレゼントをいただいた時には一度重ねてお礼を申し上げます、という文章を使ってみることをおススメします。一度お礼状に、このような少し難しいと感じるお礼の文章を使ってみることで、きっと今後のお礼状を書くことが楽になることでしょう。そして、楽しくお礼状を書くことが出来るはずです。

重ねてお礼をする文章は例文を参考にしながら自分の言葉で表現しよう

お礼状をあまり書いたことがない、と言う人は、まずお礼をしたい気持ちをお礼状に書くことから始めましょう。そして、その中でもたくさんのお礼をしたい時には、重ねてお礼を申し上げます。という文章を使ってみましょう。重ねてお礼というのは、普段よりもお礼の言葉を言いたい時に使うものなので、より丁寧なお礼状となるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス