主催者挨拶の文例と来場者にとって有意義なものにする方法

2016年11月29日主催者挨拶

主催者挨拶はイベントで来場者に対して行われる

Architecture 906737 960 720

主催者挨拶の文例を見る前に、そもそも主催者挨拶とはどういったビジネスシーンで行われるのかについて見ていきます。このシーンを知っておけば、その会場では主催者挨拶が必要なのかどうかを知ることができるでしょう。

まず、多くのイベント会場では、来場者に対して、主催者挨拶が行われるようになっています。例えばシンポジウムやセミナーなどのイベントなどです。また、セレモニーなどの式典においては主催者から来場者に開会のあいさつがされることもあります。そのため、何かのイベントを開催する際には、主催者挨拶がされるのです。

会社でイベントを開く際には主催者挨拶をする可能性がある

こうしたことから、仮にあなたが勤めている会社でイベントを開く際には、来場者に対してお礼の意味を込めて、主催者挨拶をしなければいけない可能性があるので文例を見て勉強しておく必要があります。そこで、次に主催者挨拶を作る上でのポイントを見ていきます。

主催者挨拶は来場者に対して感謝の意を伝えるのがポイント

ここでは主催者挨拶を作る上でのポイントについて説明をします。このポイントと次に説明する文例を見れば、初めて主催者挨拶をするあなたでも安心して挨拶を済ませられるでしょう。

まず主催者挨拶を作る上で大切になるポイントは、「来場者に対して感謝の意を伝えること」にあります。この感謝の気持ちを、来場者に最初に伝えておけば来場者が怒ってしまう原因をなくすことができるようになります。そのため、あくまでメインは来場者であることを忘れずに、挨拶をすることが大切です。

イベントの目的も伝えよう

そして、さらに「イベントの目的を伝えること」も重要になっています。このシンポジウムにしろ、セミナーにしろ、セレモニーにしろ、何のために開催をするのか挨拶文に盛り込むようにしましょう。そうすることで、参加意識が高まりやすくなります。こうした2つのポイントを押さえておけば短い挨拶でも大丈夫ですので、次にこれらを踏まえて文例を見ていくことにします。

来場者に対する主催者挨拶の文例

最後に主催者挨拶の文例を掲載するので、しっかりとこの文例を確認をしておきましょう。

『本日は○○(イベント名)にお越しいただき、誠にありがとうございます。参加いただいた○○(協力会社等)様とともに開催できることを大変喜ばしく思っております。

さて、当イベントは〜〜を目的に、3つのパートに分かれて進められていきます。まず第1に「○○の変遷」、第2に「○○の問題点」、そして第3に「○○の課題策」についてです。その他、イベント終了後には食事会もありますので、そちらにも御参加いただければ〜〜について深く知識を得られることと思います。

短い時間ではありますが、是非当イベントが有意義な者となるように願っております。』

文例のように来場者に「感謝の意」と「イベントの目的」を伝えよう

と言った具合です。このように主催者挨拶の文例では、「感謝の意」と「イベントの目的」をしっかりと伝えているので、この文例を参考に挨拶文を考えるといいでしょう。

主催者挨拶は文例を参考に来場者にとって有意義なものに仕上げよう

このように主催者挨拶は、イベントが開催されるごとに行われるものとなっています。そのため、2つのポイントである来場者に対して「感謝の意を伝える」「イベントの目的を伝える」をしっかり意識したものにすれば、有意義な挨拶に仕上げられるでしょう。そして、もし挨拶文の作り方で分からない点があれば、この記事にある文例を参考にするといいでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK