レポートの概要の書き方と忘れてはならないポイント

レポート

レポートの概要の書き方①:重点をアピール

Tax 468440 1280

レポートの概要の書き方に必要なのは、レポートの重点がどこのあるのかを示すことです。そのためには、結論を相手に考えさせるような書き方や、曖昧な終わり方ではなく、結局何が言いたいのかを具体的に書かなければいけません。まずは、相手にレポートに興味を持ってもらうために、概要にはレポートの起承転結全てが分かる書き方にしましょう。

レポートの概要は長くなりすぎないように

概要は、レポートの要約に説明を加えて全体の流れを説明しなければいけませんが、あくまでも序文であるため、長々と書くのは全体に締まりがなくなるため良くありません。たくさん読まなければ結論が見えない概要は、相手に不快感を与えてしまいます。逆に簡単すぎる概要は、手を抜いているような印象を与えてしまいます。レポートの概要に適切な長さは200~400字程度と言われていますので、その範囲内で書くようにしましょう。

レポートの概要の書き方②:目的・方法・結果を示す

764e68e515517eae

あらすじと概要は同じ意味があると勘違いしている人もいますが、実は大きな違いがあります。あらすじは内容をコンパクトにまとめただけのもので、概要は更に内容の背景や説明書き、データなどを付け加えたものです。ですから、概要には簡単な内容だけでなく目的、方法、結果までを含ませる必要があります。レポートの要約を数行で表し、レポートの魅力を伝えます。

目的→背景→考察→結論という書き方がおすすめ

魅力ある概要には、書き方にコツがあります。レポートの目的、背景、考察、結論の順に書いていくと読みやすくなります。例えば、ある研究に関するレポートの場合「~の効果について、~という方法でデータを集め、その結果~という結論を導き出した」というような書き方をします。読み手は概要で大まかに理解し興味を持てたら、もっと詳細を詳しく知りたいと感じ読み進られます。

レポートの概要を書くことで全体を俯瞰できる

E6ea20d4db195728

概要はレポートの流れと内容を噛み砕き、説明書きを加えたものです。そのため概要を書いていると、全体を客観的に見ることができレポートの構成の矛盾や構成のバランスなどを考え直すことができます。レポートを書く時は項目ごとに書き進めつなぎ合わせていきますので、時として前後に関連性が見いだせない場合や矛盾が発生してしまう場合があります。概要には、全体を見回して各項目のあるべき位置を見つける役割もあるのです。

レポートの内容と概要が一致しているか見直そう

レポートがようやく完成しても、まだ一息ついてはいけません。完成したら何度も読み直しをして、全体の流れを客観的に見てみることを忘れないようにしましょう。概要がきちんと後に続く部分と整合性が取れているか、単なるあらすじになっていないかを検証してみましょう。レポートは題材の説明が明確であることの他にも、全体の構成や書き進め方も評価の対象となります。当然のことながら、タイトルや概要が後から付け足したようなものでは台無しになってしまいますので注意しましょう。

レポートの概要は目的や結果など重点を示す書き方をして書き終えたら見直そう

レポートの概要の書き方とポイントをご紹介しました。レポートの概要は、長くなりすぎないように、重点を絞った書き方を意識しましょう。レポートでは、目的や結果などを魅力的な書き方で示すのも重要です。そして書き終わったら、しっかりとした書き方ができているか、見直しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年9月12日ビジネス