産休に入る方へのメッセージで使える適切な応援の言葉

産前産後休暇

応援が産休に入る人へのメッセージの基本は子どもの誕生を祝うものが良い

1024 cc library010000705

女性が、子供を産むためにとる休暇のことを産休といいます。ただの休みではなく、出産という目的があってのことですので、産休に入る人へのメッセージをと求められた時には、目的の達成を応援する、健やかな子供の誕生を願う言葉を贈るのがベストです。仕事上の付き合いしかなく、相手の人となりをよくは知らないという場合でも、応援は違和感なく使えるメッセージの基本です。

応援の言葉は軽く背中を押すようなものがおすすめ

応援といっても成功を願うものから、軽く背を押すようなものまで表現の仕方は様々にありますが、産休に入る人へのメッセージとしては、気軽に頑張ってと声掛けをする程度のものが最適です。出産はけして簡単なものではありませんが、悲相手が笑って頑張ってくるねと返せるような、いい意味で軽い雰囲気の言葉をかけて、応援のメッセージとして下さい。

産休に入る人へのメッセージの応用として仕事の心配も取り除けるとベスト

同じ職場の仲間でも直属の上司や同僚など、近い関係にいる人に対して贈る産休に入る人へのメッセージは、親しさなりに一歩近づいた言葉にするとよいでしょう。ただの産休に入る人へのメッセージではなく、今まで近くで仕事をしてきて、今後も仕事での付き合いを続けていく相手ということを意識して、送るだけではなく産休のその後についても触れておくと内容が深くなります。

産後も考えた応援の言葉をかけましょう

産休に入る時、長く休暇をとることで、職場に自分の居場所がなくなってしまうのではと、不安を覚えるという人もいます。不安にさせたまま、出産に臨ませるのはよいことではありません。ここは職場の仲間として一肌脱ぎ、あなたがいないと仕事が大変、待っているから元気に出産を終えて早く戻ってきてと、多少強引にも感じるメッセージを伝え、相手を必要としていることを全力でアピールしてみましょう。

プライベートでも交流がある人へは赤ちゃんへの言葉もあると良い

産休に入る人へのメッセージ 仕事仲間の枠を超え、プライベートでも交流のある産休に入る人へのメッセージは、関係の近さが感じられるものにしてみましょう。頑張って、元気な赤ちゃんを産んで戻ってきてという応援の言葉と共に、直接本人や赤ちゃんに対しての声掛けがあると、ぐっと距離が近くなります。産休に入る人に、顔見知り程度の人が言える一言は多くないので、それをカバーするのが親しい人の役目です。

身近な人でしか伝えられない応援の言葉を考える

産休に入る人へのメッセージとして、頑張っては定番ですが、関係が近い人からの頑張っては、当人に重く響いてしまうことがあります。親しいからこそ、わかりやすいだけで中身のない声掛けは許されません。出産祝いについて言及したり、子供の写メを送ってとせがんでみたり、前向きかつ出産の先を考えさせる言葉が、母親の気持ちを上向きにさせます。身近な人でしか伝えられないメッセージを考えましょう。

産休に入る人へのメッセージではかしこまりすぎない応援の言葉を選ぼう

産休に入る人へのメッセージは、ひとまず休みをとる人を送るものであって、同じ送るでも退職や休職する人にかけるものとは、異なる内容でなければなりません。あまり重々しくてもプレッシャーになりますので、明るく軽く、時にはふざけてといった雰囲気を心がけていきましょう。産休に入る人へのメッセージに特別感はいりません。気軽な応援の言葉をかけよう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職