辞任と退任の違いと使い方について

辞任, 退任

辞任と退任は任期の違いによって使い分ける

Lockers 94959 1280

辞任と退任という言葉は、スポーツの監督などでも用いられているくらい、似たような言葉と言えるかもしれません。しかし辞任と退任には違いがあり、この2つは任期等の違いによって、使い分けをすることとなっています。ちなみに解任も同様の意味で利用されることがありますが、こちらも違いがあるので注意してください。

使い方を間違えると指摘される

辞任と退任については、使い分けをしっかり行わなければならず、使い方を間違えることは指摘される可能性が高くなります。使い方が間違っていて、違いを鮮明にできていないことは、言葉の意味がわかっていないと判断されてしまうことが多いのです。しっかりした使い方をしていかなければ、辞任と退任の意味も知らないまま、社会で使って恥をかいてしまうことになります。

辞任は自らの意思がある辞め方

辞任という言葉は、自らの意思を持っていることが多いのですが、期間が満了していないのにやめてしまうことを意味します。退任の場合、期間までは仕事をしますという意味を持っているので、この2つには大きな違いを持っているのです。期間満了で辞める場合は退任、それ以前に止めてしまった場合は辞任という表記をすることが一般的です。

退任は強制的に辞めさせられた場合も使われる

もう1つの違いとしてあるのは、退任と書かれていても強制的に期間満了後に契約がされず、事実上の解任という部分があります。辞任は自らの意思でなければ駄目で、期間の途中にもかかわらずこのようなことをするので、辞任という表記になります。そのため退任と書かれていることは、もしかしたら強制的に契約の延長をされず、そのまま辞めさせられている可能性があると思ってください。

辞任の場合は自己都合になる

会社の場合、辞任をするということは任意で退職することとなり、自己都合退職となっている場合が多いです。一方で退任と書かれている場合は別で、もしかしたら会社都合の退職となることがあるので、必ずしも自己都合とは書かれません。こうした違いを持っているので、書かれている言葉によって、会社側の意思かどうかというのもわかります。

退任も自己都合になる場合がある

違いが分かっていれば、まず間違えてしまうようなことはありませんし、失敗して恥を書いてしまうこともありません。特に自己都合による辞任なのか、それとも自己都合で一応期間まで仕事をすることの退任なのか、さらには期間で契約が終わるための退任かを知っておくことは大切です。この3つについては結構な違いがあるので、知っていれば色々な部分で強みを持てます。

辞任と退任は任期によって違い自己都合かどうかで使い方が異なる

辞任と退任の違いについては、まず自分から辞めたいといったのかどうかが重要となり、これについては違いがあります。また会社が先にきりだしているかどうかも関係しており、この部分で異なっていることが分かれば、より判断しやすくなります。辞任というのは基本的に自己都合であり、退任というのは会社が関係している可能性があると知っておくといいです。自己都合かどうかで使い方が異なるので覚えておきましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日転職