今年の抱負の目標達成率が上がる書き方【仕事編】

2016年12月6日抱負, 目標達成率

仕事をするうえで目標を設定して今年の抱負を作ることは重要

Business suit 690048 640

仕事をしていくうえで目標を設定して今年の目標を作ることは重要です。なぜなら、あなたはあなたのビジョンがある所へ自然と行くものだからです。目標を設定しないと何処へもたどり着けません。しかし、ほとんどの人は目標を設定してから、すぐにその目標を立てたこと自体を忘れてしまっているようです。

仕事面における今年の抱負は周囲や職場の人の前で発表することもある

仕事面における今年の抱負とは、自分の胸の内に秘めておくものではなく、周囲や職場の人の前で発表することもあります。そうなると“有言不実行”はかっこわるいです。ですから“5キロ痩せる”なら、「痩せる」ためにどういうアクションをとるかというプランも同時に発表すべきでしょう。仕事面での今年の抱負ですからダイエットより、もっと具体的に職場で推奨されるような内容を書きましょう。

今年の抱負は書いておくことがおすすめ

自分が立てた今年の抱負を実行しなければ、どうしようもないというまでに自分を「追い込む」ことが重要です。誰も見ていない・チェックしていないところで努力を続けることができる人は少数派だからです。今年の抱負ですが、月ごとの仕事面での達成目標を手帳にでも大まかに書いてみることをお薦めします。思いついたらなんでも「書く・メモする」と自分の行動力が高くなっていくことを実感するはずです。

今年の抱負を決めたら周囲にも知らせよう

昨年は職場の名簿をエクセルで全部まとめて整理する予定を立てていたけど完了できなかったので、今年こそはさらに新しい顧客のデータをまとめて、〇月までに作業を完了する”という今年の抱負を立てたとします。仕事上の目標ですから職場の人に積極的に話すようにします。

今年の抱負を書くことで目標を達成する可能性が上がる

今年の抱負を仕事でもプライベートでも趣味でも何でもよいですから、手帳に100個ほど書き出してみましょう。とにかく目標達成のためにはまず「書く」こと。頭の中に置いておくだけではダメです。何度も何度も書くことで、目標を実現する可能性は確実に高くなると言われています。

目標をカテゴリ分けするのがおすすめ

今年の抱負・目標を頑張って100個ほど書き出したら、「仕事」「家庭」「趣味」「健康」など自分でカテゴリ分けしてみます。ひとつのカテゴリだけに集中しているのはあまり良いとは言えません。誰の人生も仕事だけ、趣味だけで構成されているはずがなくて、バランスがとれてこそ一人の人間と言えるからです。最低でも3つくらいのカテゴリに均等に分かれているほうが理想的でしょう。

今年の抱負を仕事にした場合は目標を書き起こし達成意識をたかめよう

仕事・職場における今年の抱負をつくるのは難しいかもしれません。しかし、今年の抱負に仕事の目標を立てることで、ビジネスマンとして大きく成長することが出来るかもしれません。また、その際は目標を書いて、達成に向けて意識して動くことが重要です。人材価値を上げるためにもしたほうが良いことならあるはずですよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月6日転職

Posted by BiZPARK