雇用保険に加入するメリットについて

2016年11月29日雇用保険

雇用保険は失業保険とも呼ばれている

Business 17610 640

働き生活をする上では、様々な保険が欠かす事ができないと言えるのではないでしょうか。しかし、そんな数ある保険の中で、具体的にはどんな内容で、どんなメリットがあるのかよくわからない保険というものもある事かと思います。そんな声の多い保険としては、雇用保険が挙げられるのではないでしょうか。ですから、その雇用保険とはどういった保険であるのか、というところから説明をしていきたいと思います。雇用保険とは別名失業保険とも呼ばれています。

雇用保険に加入していると失業時に手当がもらえるメリットがある

その名前の通り、仮に失業をしてしまった時に、一定の期間一定のお金を支給して生活の手助けをしてくれるというのが、この雇用保険の内容になります。加入のためには、この雇用保険を適用している会社に勤めるという事が条件になり、加入期間は1年間または半年以上で手当が出る事となっています。詳しいメリットについては、順を追い説明を加えていきます。

雇用保険のメリットとして失業中でも生活が安定する点がある

雇用保険のメリットは、やはり失業中でもお金の心配をする機会が減るという事です。もちろんこの失業保険だけで完璧に生活ができないという場合もありますが、やはり一定金額の保障があるというのは、生活はもちろん精神的にもかなり大きな支えになってくれるという事は間違いありません。例えば貯金もなくあてもなく再就職のための活動をしなくてはいけないとなると、精神的にかなり追いつめられますし、不安な日々を過ごす事になってしまうでしょう。

金銭面での不安が無ければ就職活動に集中できる

雇用保険で手当があれば、その点多少不安を取り除き、就職活動に集中をする事ができます。そういった意味で、この雇用保険というのはかなりメリットが大きく、あるのとないのとは大違いだと言えるのではないでしょうか。ですから、この雇用保険というのはとても大切な保険になります。

雇用保険は正社員でなくても加入できる

雇用保険には様々なメリットがあり、大切な保険であるという事は今までの説明の中でご理解頂けたのではないでしょうか。そんなメリットの大きい雇用保険ですが、正社員しか加入ができないものだとお考えになっている方はとても多いようです。実際のところは、正社員であってもバイトであったりパートであっても、その会社が雇用保険を適用しているのであれば、加入をする事ができないわけではありません。

加入条件は「週20時間以上勤務」「31日以上働く予定がある」

ただし、加入者にも条件がありますから、それを満たしている必要はあります。その条件というのは、一週間に20時間以上働き、31日以上働いているという事です。これを満たすという場合には、アルバイトやパートの方であっても、雇用保険加入ができます。ただしアルバイト先によっては、面倒などの理由から、この正当な権利を認めず雇用保険に加入させないケースもあるので、注意をしましょう。

雇用保険に加入すると失業時に手当を受給できるメリットがある

雇用保険というのは、失業時に一定の金額のお金を、一定の期間支給してもらう事ができるという保険になります。加入してこの手当がある事によって就職活動に集中できる、精神的にも生活的にも支えられるという、大きなメリットがあります。これがあるのとないのとではかなり変わってくるので、雇用保険はメリットが大きく大切な保険であると頭に入れておいてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK