仕事の段取り力を高める4つの意識改革

仕事術, 意識改革

段取り力は仕事を順序よく行う能力

Cheakbox

段取り力がある人は仕事を上手にこなすことができます。「段取り」とは、物事を進める順序や手順という意味です。ですから、段取り力のある人は、仕事を効率的な順序で進めていけるのです。段取り力を高めることは、仕事のスピード、クオリティを高めるための良い方法です。

段取り力に求められるのは先を読む力

仕事で利用する段取り力では、必要なのが先を読む力となります。仕事で行動を行う前に先読みすることは、段取り力では重要になります。仕事をどのように進めるかで効率良い仕事方法を考えるのです。段取り力で先を読む力を発揮することは、仕事での結果を予想することとなり、仕事の目的までの経過をシミュレーションして考えることができます。

それでは、この段取り力を高めるためにどのようなことを心がければいいでしょうか。

段取り力を高めるために①:結果から物事を考える

段取り力のある人は、仕事についても逆算で考えることができます。つまり、結果からスタートして、そのためにどんな行動が必要かをまとめていくのです。段取り力を高めることを考えるならば、仕事の成果から物事を考える癖を日ごろからつけるようにしましょう。物事を逆の順序でイメージできる人は段取り力がある人となります。

段取り力を高めるために②:仕事の過程をシミュレーションする

仕事では目的となる結果を考えて行動することになりますが、その結果を得るまでの過程をシミュレーションするのが段取り力を高めるためのポイントです。仕事どのようなトラブルや問題点が発生するか分からないので、対応できるようにあらかじめ考えておくことも段取り力となります。成果までの過程で行うべきことをリストアップしておく方法があります。

段取り力を高めるために③:綿密な準備を行う

仕事の成果を得るために行う業務について、綿密な準備を行うことも段取り力の一つです。複数の業務を掛け持ちしている場合には、同時進行で行うことも考慮して事前に準備することで、上手に時間を活用できます。準備をしっかり行う心掛けが、段取り力を高めるために重要です。

段取り力を高めるために④:仕事内容を整理し把握する

段取り力のある人は、仕事が完了するまで自分の行うべき働きが頭の中に完全にイメージできる人になります。そのためには作業の優先順位を決めることや、書類の整理など、仕事の進捗状況を逐一把握する必要があります。段取り力を高めるためには、自分の仕事について、頭の中でも机の上でも、しっかり整理する必要があるのです。

段取り力は準備を怠らず物事を結果から考えることで高めることができる

仕事の段取り力を高める方法をご紹介しました。段取り力とは、物事を順序よく効率的に進める能力です。段取り力を高めるためには、結果から仕事を考えて必要な作業を洗い出し、作業過程をシミュレーションする必要があります。そして、必要な準備を常に怠らないように心がけましょう。作業に入ったら、仕事の状況を常に把握することで、次にどの仕事に手を付ければよいかが分かるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス