仮説の良い立て方について

仮説

良い仮説の立て方①【精度の高い分析を行う】

Blogger 336371 640

良い仮説を立てることを考えるのなら、当然その為の思考をもっていないといけません。これが仮説思考です。その時に考えられる仮説を置いて考える思考方法であり、分析や調査の無駄が少なくなります。精度の良い仮説思考を身に付けることは、ビジネスにおいて大きなセールスポイントになります。分析が上手な方は、仮説思考の精度が良いものです。

仮説思考のプロセスを知って立て方につなげよう

仮説思考のプロセスとしては、まず仮説を立てます。次にその仮説を立証する為には何が言えることが条件なのかを考えます。さらに、その為の情報を集め、最後に集めた情報の解釈を行い、言いたいことを導き出すのが仮説思考のプロセスです。仮説を立てるまでは誰しも同じことを最初に行うものの、その後の流れが違ってきます。

良い仮説の立て方②【常識から外れた部分を見る】

仮説の良い立て方を考えるのなら、まず何を知りたいのかを考えないといけません。そして、どういうことをすれば良いのかを考えれば、自然と良い仮説の立て方に繋がってきます。基礎知識、経営学、マーケットなど幅広い分野での見識があることが有利になるポイントになるでしょう。その上で、常識から外れた部分から見ることも大事です。

良い仮説は経験を積んで身に付けよう

仮説思考を身につけるのは決して難しいことではないものの、経験が必要になってきます。その為、精度は低くても問題ない為、まずは数多くの仮説を立てるようにするのが大事になってきます。いきなり仮説の立て方について頭を悩ませてしまうと、立ち止まってしまう可能性もあります。仮説思考を身につけることを最初に行うべきです。

良い仮説立て方③【検証をして独自性を見出す】

良い仮説の条件となることはいくつかあります。まず、実際に活用できるかどうかです。そして、新規性や独自性のある仮説であることです。当然その仮説を活用できないと意味がありません。新規性や独自性については、ほかの方も簡単に気付くことができるものだと、メリットがなくなってしまうからです。こういった点を考慮するのが望ましいです。

データ頼りの仮説の立て方は検証につながらない

仮説を立てる時には、当然データを参考にするでしょう。しかし、目の前のデータだけに考えが流されてしまうと、良い仮説にならないことが非常に多いです。この点を考慮しての仮説の立て方をしないといけません。さらに、具体的なアクションに繋がるかどうかも考慮すべきです。良い仮説の立て方を考えるあたり、こういった点は重要です。

良い仮説は制度の高い分析と常識から外れた検証を行う立て方がある

良い仮説の立て方にはいくつかのポイントがあります。実際に活用できるかどうか、新規性や独自性があるかどうかです。さらに、データ頼りになっていないか、アクションに繋がるかも大事です。自然と良い仮説の立て方ができるようになり、ビジネスシーンにおいて上手に活用できるようになります。プロセスを大事にするのが重要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス