「決裁」「承認」の意味の違いと正しい使い方

2018年2月22日承認, 決裁

決裁と承認の判断は難しい

Calendar 660670 640

決裁と承認の違いはとても微妙なものです。なぜならば、決裁と承認が同じ意味だとして扱われることもあれば、違う意味として扱われるケースもあるからです。決裁とは承認という意味だと説明される場合もあります。したがって、状況に応じてどのような意味に使われているのかを考えることが大切です。非常に曖昧な問題となっています。

ビジネスにおいて最終承認が決裁と考える場合がある

ビジネスにおいては、最終承認が決裁であると考える場合があります。ただ承認しただけでは効力を発揮しないのですが、それを決裁してしまえば、それは決定事項として扱われるからです。決裁者というのは社内ではとても権力の強い人間であり、何らかの事項を決定する権限を持っています。承認者というのは、単にそれを認めただけの存在です。

会社によって承認と決裁の定義は異なる

仕事をする上では言葉の定義の問題はとても重要です。たとえば、会社によっては決裁者と承認者の二種類が用意されている可能性があります。これらの違いを明確に規定しておかないと、混乱を招いてしまうかもしれません。違う言葉を使う際は、それらには何らかの違いがあるのが普通です。まったく同じ言葉ならばややこしくなるだけなので、どちらか一方は使うべきではないでしょう。

一般的には上司が「承認」さらに上の役職が「決裁」をおこなう

普通の会社ではまず上司に書類を承認してもらい、それをさらに上の人に決裁してもらうことになります。このような流れとなっているため、承認よりも決裁の方がさらに強く決定されたという意味を持つのです。会社ごとに言葉をどのように使っているのかは違いがあるため、念のため事前に確認しておくべきでしょう。特に承認と決裁はややこしい問題です。

決裁や承認には事前準備が大切

日本の会社は海外の企業とは違い、とても非効率だとされています。その理由は何か新しいことをするために、色々な人の承認を得て、最終的に決裁してもらう必要があるからです。上司が一人でも駄目といえば、それでその企画が通らない可能性もあります。そのため事前に根回しをして、決裁や承認を得られやすくするのは大切です。そうすれば迅速に企画や提案を通せるでしょう。

決裁や承認が下りるスピードは会社により異なるので迅速おこなおう

何かが決裁されたり、承認される際のスピードというのは会社によって違いがあります。どんなことでもすぐに決定されて実行に移される会社もあれば、なかなか新しいことを認めてくれない会社もあります。保身ばかり考えている方が決裁者となっている場合はとても厄介でしょう。思うように決裁してもらえないため、チャレンジ精神が失われてしまいます。

決裁と承認の違いは企業により異なるが同じような意味で使われる場合が多い

決裁と承認の企業における違いについてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?決裁と承認は、同じような意味の言葉として扱われる場合が多いです。しかし、実際の会社では決裁者と承認者とでは与えられている権利や効力が大きく異なるケースがあります。どのような場面でこれらの言葉が使われているのかをよく確認しましょう。違いがあるケースもあれば、違いがなく同じ意味として使われることもあります。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年2月22日転職

Posted by BiZPARK