上司が納得する退職理由のポイントと伝え方の例

退職

上司が納得する退職理由の内容とは

Business 456757 1280

上司が納得する退職理由の内容とは何かについて紹介していきますが、

退職したい旨を直属の上司に切り出せば、ほぼ確実に退職理由を聞かれるでしょう。しかし、そこで本当の理由であっても例として「給料が低いから」「転職したいから」「キャリアアップをしたいから」など、単純な理由を答えてしまうと、上司を納得させるのは難しいでしょう。

そういった意志の弱い理由では、きっとすぐに切り替えされてしまい、引き留められて退職に失敗する羽目になっていまします。誰しもを納得させる退職理由には、含んでおくべき大切な内容が2つあるのです。

退職理由は「前向きな根拠」と「強い意志」を含んだ内容が良い伝え方

退職理由は「前向きな根拠」と「強い意志」を含んだ内容が良い伝え方と言えます。

上記で書いた通り、退職理由として周りを納得させるためには、根拠がないと厳しい指摘が入ってしまいます。そして、強い意志が感じられなければ、上司から引き留められてしまうのです。

上司に退職を納得してもらう例としては、

「上司や同僚に恵まれているとは感じていますが、もっと新しいことに挑戦したい気持ちが強いです。今の会社でもできないものではありませんが、規則や環境から難しいのではないかと、随分前から考えていました」

という、前向きな根拠と揺るぎない意志を感じさせる退職理由であるかが大切です。退職を認めてもらうには、最初が肝心なのです。

職理由の伝え方は、退職理由によっても伝え方は変わる

今の会社を退職しようと考えている人の中には、ネガティブな理由の人がいるでしょう。しかしそれでは、これまで見てきたように周囲を納得させることはできませんし、退職できなかった場合は、上司や同僚と良くない関係のまま、業務を続けざるを得ない可能性もあります。

その為、退職理由の伝え方にも注意を払う必要があります。退職理由の伝え方は、退職理由によっても変わってきますので、例を見ていきましょう。

転職を考えている際の伝え方

自分の人生を通じたやりたいものが決まり、今の会社ではどうしても出来ないというのであれば、それを正直に伝え方が良いでしょう。これからのキャリアアップのため、といったポジティブな理由であれば、「なぜ」と「どうして」を的確に伝えるような伝え方を意識しましょう。

独立の場合は伝え方が難しい

独立の場合は伝え方が難しいので、注意しておきましょう。

独立したいと考えている場合に、その旨を上司は正直に伝えるとなると、会社がそれに近いポジションを準備される可能性があります。

そのポジションがキャリアアップとなっていれば、「独立する必要がないだろう」「独立するリスクを学べ」、などと言われるケースがあります。

その場合は、会社でのポジションが退職理由では無いという話に持ち込み、しっかりと独立する理由を納得させなければいけません。

家庭の事情は退職理由としてベター

よくある退職の建前の理由として「家庭の事情」があります。

社員や上司と仲が良く、プライベートもある程度明かしている職場で、家庭の事情を退職理由に使うのは難しいですが、比較的人間関係が希薄な会社や、短期退職の際は、家庭の事情ですんなりと退職できる場合があります。

家庭の事情での退職理由の例では、

家族の介護などは相手も詳細を聞き出そうとするのは、気がはばかられるものですから、そこの家庭の事情については追及されませんし、引き止めもできません。

その場合は、会社が自宅から遠く、退職後にばったり社員と鉢合わしたなんてことが、ないように気を付けるようにしましょう。

上司を納得させる退職理由の伝え方の例

Business 740076 640

最後に、上司を納得させる退職理由の伝え方の例を見ておきましょう。

「私はこの度、退職させていただく決心をいたしました」と漠然に伝えてしまうと、ほぼ間違いなく話がこじれてしまいます。伝え方を誤ると、確実に円満退社の妨げになってしまうので、例を参考にしっかりと具体性のあるエピソードにしましょう。

上司を納得させる退職理由の伝え方の例①キャリアアップの場合の伝え方

キャリアアップの場合の伝え方の例としては

「今の職場に大きな不満はありませんが、自分のキャリアを考えた際に、欠けているものを補いより成長して、将来起業したいと思っています。しかし、今の会社の就業規則と業務内容では難しいと感じている部分があり、申し訳ありませんが、○○の分野に特化した業界で転職をさせていただきたいと考えており、退職したくご相談しました」

といったように、いかに自分が真剣に転職を考えているかを具体的に説明し、すでに準備を始めているとはっきり上司に告げるといいでしょう。「もうそこまで具体的になっているのか」と理解できれば、上司から無用の引き止めを受けずに済むのです。「漠然とした転職希望」という理由にならないようにしましょう。

上司を納得させる退職理由の伝え方例②労働環境に問題がある場合の伝え方

労働環境など、いわゆるネガティブな退職理由の伝え方の例としては

「家庭の事情で親の介護をする必要があり、自宅からより近い職場を探す必要がでてきました。今の会社にも通えないことはありませんが、状態によっては入院が必要で、自宅と病院のどちらにもすぐに行ける態勢を整えておかねばなりません。まことに申し訳ありませんが、家族の問題なので事情をご賢察ください」

といったように、家庭の事情などで具体性を持たせた内容を伝えましょう。「とにかくやめたい」という決意が固い以上、退職を伸ばされて自分の望まない職場に居続けるのは苦痛でしかありませんので、思い付きの理由でも良いので、職場の不満を伝えないやり方が正しいといえます。

退職理由の伝え方は「前向きな根拠」と「強い意志」を感じさせる!例を参考にしよう

今回は、退職理由として会社に納得してもらえる内容と伝え方の例について見てきました。

上司や周りを納得させるには、内容にも伝え方にも「前向きな根拠」と「強い意志」があるかどうかが重要なポイントになります。

スムーズに退職を進めるうえでは退職理由に「上司を納得させ、速やかに退職できる」かを最優先に考えましょう。そして、それが退職理由の上手な伝え方だとしっかりと理解して、例を参考にお事前にきちんと頭のなかで整理してから、上司に申し出るべきといえます。

人気の転職サイト特集

doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

2018年2月23日転職