「確認する」という言葉における敬語のポイント

敬語

「確認する」という敬語は書面や会話などシーンによって使い分けよう

Reading 925589 1280

人や文化、時代によって意見は異なりますが、「確認する」という言葉を敬語にすることは可能です。用法としては、「いたします」を使うことが多いです。敬語には誤解を招く表現もあるので、ビジネスシーンを想定してから発言しましょう。メールの場合は「確認いたします」で十分です。直接話をする場合は、「ご確認のほど、よろしくお願いします」や「ご確認いただいてもよろしいですか」といった表現が良いでしょう。

書面だけでなく会話の言葉遣いも勉強しよう

「確認する」という表現は、本来相手にしていただく意味があります。確認作業に対する手間を鑑みて、自分がへりくだることで、場の空気を和ませる働きがあります。現代ではあまり重視されませんが、本来言葉遣いは非常に重要なものです。書面に使われる用語の勉強も良いですが、実際の会話で頻繁に用いられている言葉遣いも勉強しましょう。

「確認する」という言葉の正しい敬語を使おう

「確認をとる」動作一つとっても、相手にとって必ずしも快であるとは限りません。相手が忙しい場合や、気持ちが不安定な場合もあるでしょう。そういったとき、敬語を使うことで、よりスムーズに事が進みます。学生同士ならともかく、社会人同士のコミュニケーションにおいては、敬語の使用が暗黙のルールとなっています。「です・ます」だけでは不十分なのです。

「確認させていただきます」という敬語表現には注意が必要

日常会話でも頻繁に用いられる「させていただきます」という敬語は、実は敬語としての評価が揺らいでいます。「確認させていただきます」と発言した場合、あなたにとっては「相手の許可」を得たつもりでも、相手にとっては「わざわざ変な言い回しをせずとも、『確認します』で良いのではないか」と思われてしまいます。このように、相手の顔色をうかがいながら適切な敬語を使う努力が必要です。

「確認する」場合は相手に同意を求める敬語を使うがポイント

何かを確認する場合、相手に同意を求めることで、余計な摩擦を避けられます。同様に、敬語を積極的に用いることで、あなたの印象をアップさせられます。目上の方と頻繁に話すことも多いのが、ビジネスの現場です。敬語の言葉の使い方をマスターして、誠実さをアピールしましょう。特にこれからの時代はネットが普及していく影響もあり、文章や映像の確認作業が多くなるでしょう。そのため、早期の段階で敬語の言葉を身につけることが大切です。

「拝見いたします」など目的や行動によって使い分けることも大事

文章を確認するときは「拝見いたします」、音声は「拝聴いたします」が良いでしょう。何かの反復動作を確認する場合は、「再度拝見いたします」といった形です。確認する対象と目的、行動を明確にすることで、より適切な敬語を用いられます。言葉遣いを改めることも良いですが、動作や配慮も重要です。語学知識が豊富であれば、よりスマートな言い回しが出来るでしょう。

「確認する」の敬語は相手や場面に合った同意を求める言葉を使おう

いついかなる時も、特定の敬語を用いれば良い、ということはありません。確認するという言葉も、「確認」という意味の言葉だけでなく、「拝見する」や「再考する」といった意味の言葉で用いられます。このように、日本語と敬語には複雑な関係があり、用法を確認する必要があります。くれぐれも、一つの使用法にこだわらず、複数のパターンを検討ください。  

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月7日ビジネス