目指すべき理想の社会人像【企業・新入社員編】

2018年1月19日新入社員

企業が求める理想の社会人像は「積極性」のある人

Social 200288 640

新入社員の理想の社会人像を見る前に、まずは企業が求める理想の社会人像を見てみましょう。

まだ企業に入りたての新入社員よりも、会社自体が求める理想の社会人像を知る方が、目指すべき理想の社会人像の具体性を得る事が出来ます。

そこで上がって来た理想の社会人像のポイントが「積極性」です。

理想の社員には「外向性」「柔軟性」も求められる!

理想の社員像に求められる「積極性」は、企業にとって社内外の仕事に興味を持って貰えるという2点のメリットがあります。さらに社会人には「柔軟性」も求められるのです。社会構造やマーケットの変化のスピードが速まる中、状況に応じて変化させられる力が理想の社員像だとして企業から求められているのでしょう。

近年グローバル化の波を受けて、あらゆる場所で活躍出来る「外向性」も理想の社員像には求められています。

企業の理想の社会人像とは、「決められた仕事を遂行できる」より「目標達成のため何ができるか考え実行できる」人物でしょう。

関係性に悩まされないストレス耐性の強い社会人が理想的!

最近は、人間関係で仕事を辞めてしまう人が増えています。ですから、ストレス耐性が強い社会人が企業では理想的なのです。

新入社員も、人間関係に悩んだ先輩社員の弱音を吐く姿はあまり見たくないものです。理想の社員像は、仕事でも、ストレス耐性が強ければどこへ行ってもやって行ける人材として魅力的でしょう。

新入社員が求める理想の社会人像は「教え方がうまい」人

Manager 462553 640

新入社員として入社すると、色々な先輩や上司と接します。その中で自分が目指す理想の社会人像を明確にしておくと、仕事での成長も広がりますし、自分も理想の社員像を目指して頑張ろうと思えるものです。

中でも、新入社員が求める理想の社会人像は「教え方がうまい」人です。

新入社員研修で仕事を教えて貰う際、分かりやすく説明して貰えば今後の仕事もやりやすくなりますよね。新入社員はそういった面を見て、自分の求める理想の社会人像を思い描いているのかもしれません。

新入社員は「冷静」で「外向的」な先輩を求めている!

理想の社員像とは程遠い、気分屋な先輩社員・上司に困らされた経験のある新入社員も多いです。こういった理由から、新入社員は「冷静」な先輩社員を理想の社員像として求める傾向にあります。

確かに感情の起伏が激しい社員は仕事の面でも、付き合いの面でも新入社員にあまり信用されません。さらに「コミュニケーション能力が高い」人も理想の社員として求められます。

社会人のマナーは、学生時代とは別物です。コミュニケーション力の高い理想の社員と一緒にいて、その技を盗みたいと望む新入社員も多いのです。

新入社員が目指すべき理想の社会人像はストレス耐性のある外交的な人!

新入社員が目指すべき理想の社会人像とは、ストレス耐性のある先輩社員です。さらに、外向的で教え方が上手な社員だと新入社員の理想の社員像に近づきます。仕事をする上で、一番の失敗は感情に流される事でしょう。冷静な先輩社員の姿は、理想の社員像として見習うべきですよね。

中々理想の社員像としてパーフェクトになるのは難しいですが、新入社員として目指すべき理想の社会人像を自分なりに考えてみるといいですね。理想の社員像の明確なビジョンが見えてくれば、仕事にもやりがいを感じられるでしょうね。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年1月19日転職

Posted by BiZPARK