監査役は役員かという疑問における会社での立場

2016年11月29日監査役

監査役は役員かについては会社監視をおこなう役員となる

Building 828961 1280

監査役は役員かと言われることが多いのですが、実際には会社の監視を行っていることになりますから、当然役員としての立場が確保されています。役員となるわけですので、監査役の立場の方はそれなりに知識を持っていなければなりませんし、ある程度会社を知っていなければ駄目です。知識等をしっかり確保している方が、最終的に役員を選出する際に、監査役としての立場を手に入れることとなります。

監査役は会社から独立した立場だが役員として十分認められている

監査役は役員かという疑問については、選ばれるからこその立場であることを考えておけば、役員であることがすぐにわかります。監査役の立場に選ばれるということは、会社の中でも相当力を持っていることを示すことになるので、当然いいイメージを持たれています。そのため会社役員であることは当然のことで、しかも立場的にはかなり上にいることとなります。

監査役は株主総会の賛同を得ることで選出される

監査役は役員かということについては、株主総会で選ばれることとなりますので、当然役員の立場として認められることとなります。役員は株主から選出されることが多いので、当然議題として挙げられることとなり、株主から賛同を得ることとなります。これができているからこそ役員の立場を確保できるので、監査役は役員かという質問については、当然役員であると言えます。

会社の中には株主に大きな力があり拒否権をもつところも

会社における監査役の立場は株主総会で選ばれることとなりますが、株主側から拒否されてしまった場合は、当然やり直しということになります。監査する人が本当にいいのかどうかを判断して決議されることとなるので、いいと思えなければ拒否されます。大きな株主が拒否権を持っている会社もあるので、監査役として認められないと、別の人を上げなければなりません。

国税庁では監査役は役員かについては役員であるとしている

税金の範囲にも書かれている法人税などを管理している国税庁でも、監査役は役員かという部分については、役員であると認めています。税金という部分になると、扱っている種類によって色々な説明が書かれているのですが、監査役は役員かという部分もしっかり記載されています。当然役員であることは示されていることなので、普通に役員という扱いで仕事をしていると思ってください。

社外でも認められている監査役の役員としての立場

社内限定で認められているような役員もいますが、会社の外でも認められている役員が、監査役なのです。監査をしっかり行っていることによって、会社についての理解を持っているだけでなく、経営に関わっていると判断されるため、役員となります。これらすべての女権を持っていることから、監査役は役員かという質問については、堂々と役員と言えます。

監査役は役員かについては株主総会で選出される立場なので当然地位として認められている

監査役は役員かという話については、基本的に監査役が選出されるべき役職であることを考えれば、すぐにわかることとなります。会社において監査役の立場は当然役員として扱われることとなり、社内だけでなく社外でも認められている素晴らしい役職です。役員ということですので、経営に関わることとなり、監査役は役員かと言われれば役員と答えられます。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK