自己研鑽と自己啓発の意味の違い【社会人必見】

2017年7月6日自己啓発, 自己研鑽

違い①:自己研鑽とは自分の技術や知識を磨くこと

%e8%b5%a4%e3%81%af%e3%81%a6%e3%81%aa%e7%b7%91%e3%81%b3%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a

自己研鑽と自己啓発の違いを知るために、それぞれの言葉を理解しましょう。まず、自己研鑽という言葉の意味についてです。自己研鑽とは、自分がすでに持っている技術を高めたり、知識を深めたりすることだといえます。自己研鑽によって、自分の得意分野をより伸ばしたり、苦手分野をなくしていったりすることができるのです。

違い②:自己啓発の要点は意識改革にある

自己啓発も、スキルアップなど自分をよりよくするという点においては、自己研鑽と違いはありません。自己啓発と自己研鑽の違いは、その要点が意識改革におかれているかどうかといえます。なんのためにスキルアップを目指すのか、なぜ行動を改善するのかといった意識を持つように努力すること、それが自己啓発です。

自己啓発だけでは成果に期待と違いがある場合も

自己啓発セミナーや自己啓発本が世の中には溢れています。しかし、自己啓発は自己研鑽と違い、やる気の向上や意識の変革などを目指すものですので、結果が目に見えないことが多いです。以前の自分との違いがはっきりと分からない分、自己啓発のつもりが、思いと違い、自己満足で終わってしまうということも起こりえます。

モチベーションと技術という違いを理解しておこう

自己啓発で意識の改革に着手した場合は、それを実践するための自己研鑽が必要になります。意識が常に前に来るように訓練することが重要です。意識ばかりが先走ってしまうと、自己満足に終わってしまいがちです。自己啓発だけでなく、自己研鑽も忘れないようにしましょう。

自己研鑽だけでは効果が薄いことも

上記のように考えると、ただ自己研鑽を積めば成長できるともいえてしまいますが、それも少し違います。自己啓発の伴わない自己研鑽は、ときに無意味に終わってしまうことがあるのです。何のためにその能力を磨くのか、それがどのように活かされるのか、自己啓発によってそういったことを常に意識する癖をつけておくきましょう。より有効な自己研鑽を行い、過去の自分との違いを実感できるようになるのです。

自己啓発と自己研鑽を組み合わせて数字目標を達成しよう

自己啓発、自己研鑽を有効に組み合わせるためには、具体的な数字目標を設定することが重要です。具体的な目標が設定されることで、どのような手段が有効かを判断し、どのように自分を磨けばいいかの判断がしやすくなります。自己啓発と自己研鑽を組み合わせて、数字目標の達成を目指すのです。

意識の有無という自己研鑽と自己啓発の違いを理解して有効に組み合わせよう

自己啓発は意識を磨き、自己研鑽は技術を磨くもの、というのが両者の違いです。どちらかが欠けても、効果は薄れてしまいます。社会は人の集まりでもあるため、共通の目標や目的に向かうと言う意味で、意識と視点を変えられる自己啓発はモチベーションに影響を与え、自己研鑽のスキル向上でその後押しが出来るといえます。二つの違いを理解し、相乗効果を活かして成長を遂げましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月6日ビジネス

Posted by BiZPARK