自己啓発に重要な目標設定のポイント【具体例あり】

2017年7月6日自己啓発

自己啓発とは自分をよりよくするためのもの

%e6%b5%b7%e5%a4%aa%e9%99%bd%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

自己啓発とは、自分自身の知識を深め、より良くなるために努力していくこと、という意味を持ちます。例を挙げるならば、「より高い能力」、「より大きい成功」、「より優れた人格」などに到達することを目指すものです。

自己啓発には目標設定が重要

自己啓発という言葉を聞くと、何か漠然とした印象を受けるかもしれません。確かに、自分をよりよくするとはいっても、ダイエットや筋トレなどの例でない限り、自己啓発の結果は目に見えないものも多いのです。ですから、自己啓発においては目標設定が重要であるといえるでしょう。

仕事における自己啓発の目標はスキルアップやノルマ達成

仕事における自己啓発の目標は、最終的にはスキルアップやノルマ達成であるといえるでしょう。ですから、仕事における自己啓発の目標の例としては、「○○の資格を取得する」などが挙げられるかもしれません。

自己啓発を行う例は仕事に限らない

自己啓発を行う例は、仕事に限りません。スポーツや趣味なども含まれるでしょう。人生の様々なシーンにおいて、人は自己啓発を行います。そういった場合は、「○○ができるようになる」「○○に勝利する」といった目標例が考えられるでしょう。

自己啓発の目標設定のポイント:可能な限り具体的に

上記してきたような目標の例は、あまり良い例であるとはいえません。自己啓発の目標は、可能な限り具体的である方が良いのです。自己啓発は、前述の通り漠然としたものですので、目標を具体的に設定しないと、自己満足で終わってしまうようなことも考えられるのでしょう。

自己啓発の目標の具体例

上記してきた例を、より具体的にした例をご紹介します。

例① :「○○の資格を取得する」

→「○月○日までに○○の資格を取得する」

例② :「○○ができるようになる」

→「○月までに○○という場面で○○ができるようになる」

例③ :「○○に勝利する」

→「○月の大会で○○に○点差以上をつけて勝利する」

このように、期日や状況設定を設けることで、より具体的な目標例になります。

自己啓発ではプロセスも重要視しよう

また、自己啓発においてはプロセスを重視することも重要です。上記の例のように、目標を具体的に設定すればするほど、プロセスにも焦点を当てることができ、より細かな目標設定が可能になります。上記の例①を参考にみていきましょう。

「○月○日までに○○の資格を取得する」

→「○月○日までに○○の資格を取得するため、×月×日までに模擬テストで××点を取れるようになる」

→「×月×日までに模擬テストで××点を取るために、参考書の□□ページまでを□月□日までに完璧にする」

この例のように、より細かな目標設定ができるのです。

自己啓発における仕事などの目標は例のようにできるだけ具体的にしよう

自己啓発をする際の目標設定について、例を交えてご紹介しました。仕事に限らず、目標設定はできるだけ具体的に数字を盛り込んで行うことが重要です。例に挙げたものを参考にして、具体的な目標を立てて、よりよい人生を目指してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月6日ビジネス

Posted by BiZPARK