確定申告の際に源泉徴収票を紛失した場合の対処法

源泉徴収票, 確定申告

確定申告は決して会社員に無縁なものではない

Finger 567279 640

サラリーマンの方のように源泉徴収制度によって給与が支払われた段階で納税が済んでいる方にとって、確定申告という制度の存在は見知っている反面、一度も実施した事が無いという方も多いのでは無いでしょうか。実際のところ、確定申告の必要性については様々な要素が有り、決してサラリーマンの方にとって無縁な存在とは言えません。

投資や副業なども確定申告の対象になるので覚えておこう

例えば、にわかに利用者が急増している投資などを通じて何らかの収入を得ている方や本業以外に副業を持っている方など、源泉徴収制度の対象である給与以外の場面で収入や所得を得ている方は、必ず確定申告でそれらを申告する義務があります。

源泉徴収票を紛失しないように注意しよう

源泉徴収制度によって給与から税金が天引きされている方には、どの程度の税金が天引きされているのかを証明する源泉徴収票という書類が交付されます。この書類には、確定申告を行う際に必要な様々な情報が記載されている非常に大切な書類で、万が一紛失してしまうと、確定申告の手間を高めてしまう恐れがあります。ですから、確定申告を行う必要性がある方ほど、必ず紛失しないように保管しておくようにしましょう。

万が一紛失した場合は源泉徴収票を再発行しよう

確定申告を行う際に手続きを簡略化することができる重要な書類である源泉徴収票は、源泉徴収制度によって納税している方に必ず交付される書類です。この大切な書類を万が一紛失してしまったとしたら、その時はどのような対処をすれば良いのでしょうか。原則として、源泉徴収票自体は本人からの申請があれば再発行を行う事ができ、再発行後は確定申告時の書類としてそのまま利用する事ができます。紛失をした場合は再発行をしましょう。

会社内部の関連部門に紛失した事を伝えて再発行の手続きを行おう

紛失してしまった源泉徴収票を再発行して貰うためには、必ず再発行の手続きを行う必要があります。基本的に、本人に成り代わって税金を収納している各企業など職場が源泉徴収票の再発行先となるので、会社内部の関連部門に紛失した事を伝えて再発行の依頼をすれば完了となります。また、転職などを経た方の中で前の職場での源泉徴収票が必要になった場合も、以前の職場の関連部署に再発行を依頼する事ができます。

源泉徴収票の再発行に制限はないので覚えておこう

確定申告を行う際に必ず必要となる源泉徴収票を万が一紛失してしまった場合、現在の職場や以前勤めていた職場に対して書類の再発行を申請する事ができます。源泉徴収票の再発行には特別な制限などは一切設けられておらず、例えば何度申請してもその都度再発行して貰う事ができます。また、前職の職場に再発行の手続きを依頼しづらいという方は、現在の職場を通じて再発行を依頼したり、税理士など専門職を代理人として立てた上で申請する事も可能です。

再発行して貰えない場合は税務署などに相談しよう

極稀なケースですが、紛失した源泉徴収票を再発行して貰う為の申請を行ったにも関わらず、現職場や前職場が対応してくれない場合があります。こんな時には、管轄の税務署などに相談すると良いでしょう。確定申告を行う為に必要だと相談すれば税務署から適切な対応をして貰えたりアドバイスを貰えるので、有効活用しましょう。ただし、再発行を拒否された理由は事前に確認しておく事が大切です。

確定申告の際に源泉徴収票を紛失しても再発行ができるので手続きを行おう

所得や源泉徴収による納税額が記された源泉徴収票は、副業などで収入を得た会社員の方が確定申告を行う上で大切な書類の一つですが、万が一紛失しても、現在の職場や以前の職場に再発行を依頼する事ができます。源泉徴収票の再発行を拒否された場合も確定申告を行う税務署に相談可能なので、紛失しても焦らずに対応しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス