仕事がデキるビジネスマンの手帳の選び方3ポイント

仕事術, 手帳

仕事用の手帳を選ぶ時はサイズ・デザインにこだわろう

Shelf 384558 640

ビジネスマンが使う仕事用の手帳は、ただのノートとは違い、業務中や移動中にちょっとした確認やメモを取るために何度も開きますよね?そのため、ビジネスマンが仕事で使用する手帳は、自分の手にしっくりと馴染むものを選ぶことをおすすめします。

手帳を持った時の心地いいサイズ感は人それぞれですから、必要にせまられて適当な手帳で間に合わせるのは避けましょう。

ビジネスマンにおすすめの手帳の選び方は、さまざまな手帳を手に取り、一番自分が使いやすい持ちやすいと感じたものを選ぶことです。

仕事用の手帳の選び方①:バイブルサイズの手帳を選ぶ

それでは実際に、ビジネスマンにおすすめの手帳の選び方について説明しましょう。

ビジネスマンが仕事で使用する手帳は、実際に手に取って使い心地を確認しておくと、買った後に使いにくくて後悔するようなことはなくなるはずです。

スーツの内ポケットに入る最大サイズの手帳「バイブルサイズ」

できるビジネスマンにおすすめの仕事用の手帳なら、バイブルサイズがオススメです。

スーツの胸ポケットに入る大きさと厚さの手帳を「バイブルサイズ」といいますが、この手帳のメリットはすぐに取り出しやすいサイズである点です。

これより大きい手帳だと、カバンの中に入れなくてはいけませんので、何かメモする度にいちいちカバンを開けて手帳を取り出さなくてはいけないので面倒です。

メリットは出張先でもリフィルが手に入りやすいこと

バイブルサイズの手帳はシステム手帳の標準サイズですので、ほとんどの文房具店で扱っています。そのため、ビジネスマンの方は出張などでリフィルがなくなってもすぐに補充できます。

商談やアポイント、会議などが多いビジネスマンにとって、リフィルが手に入りやすいというのはありがたいですよね。

できるビジネスマンの仕事用の手帳には、「バイブルサイズ」をおすすめします。

仕事用の手帳の選び方②:スーツに合うデザインを選ぼう

できるビジネスマンの手帳の選び方としては、やはり手帳もスーツに合うようなデザインを選ぶことも必要かもしれませんね。

たとえ見た目ができるビジネスマンでも、取り出した手帳のデザインがスーツと合っておらず、少し恥ずかしい思いをするといったこともあり得る話です。

そのため、できるビジネスマンは手帳を買う時に、今着ているスーツに合うかどうかを考えるのも必要なことでしょう。

仕事で毎日持ち歩く手帳だからこそデザインの良さは重要

手帳は個人の好みが強く反映されるアイテムとも言えます。しかし、学生時代のように、好きなキャラクター物など遊び心が前面にでている手帳というのは、仕事にはそぐわないケースがほとんどです。では、できるビジネスマンは、手帳はどのようなデザインの選び方をしているのでしょうか。

ビジネスマンにおすすめの手帳のデザインは、やはり「シンプルが」一番です。色もシックで目立たないものにしましょう。

ただ、手帳のデザインで仕事へのモチベーションも少しは変わるかと思いますので、できるビジネスマンは、ある程度自分が好きな色やデザインの手帳を持ち歩いた方が良いですね。

仕事用の手帳なら高級感のある本皮がベスト

仕事用の手帳と銘打っている手帳でも、その素材はいろいろです。中には合成皮革やビニールのものもありますが、これらは使用していくうちに傷んできますので、あまりよくありません。できるビジネスマンは、できれば本革の手帳を選ぶことをおすすめします。

本革は使い込むほどに手に馴染み、そして味が出てきます。

ビジネスマンの手帳は仕事上、頻繁に人目につくものですからみすぼらしい手帳ではなく、しっかりした上質な手帳を持ちましょう。

普段からよく使うアイテムを上質なものにすることで、できるビジネスマンは相手に安心感を与えられます。

仕事用の手帳の選び方③:レイアウトはバーティカルタイプがおすすめ

ビジネス用に自分の手帳はどういうものがいいか、少しでも分かっていただけたでしょうか?

デザインがかっこいい手帳だったとしても、使い勝手も確認して決めなくてはいけないため、中々自分に合うような手帳が見つからない方もいるかもしれません。

それでは最後に、ビジネスマンにとって決め手となるかもしれない、手帳のレイアウトについて見ていきます。

Day planner 828611 640

手帳にはいくつかのレイアウトの種類がある

モバイル端末やタブレットを自在に使いこなすビジネスマンが増えていますが、アナログな手書きの手帳も根強い人気を誇るビジネスマンの必須アイテムのひとつです。

できるビジネスマンが仕事用の手帳の選び方について押さえておきたい最後のポイントは、スケジュール帳のレイアウトです。

手帳のレイアウトには以下のような種類があります。

<バーティカル式>

時間軸を縦向きにして、1週間のカレンダーを横並びにしたもの。その日の欄が時間ごとに区切られているのが特徴。

<セパレート式>

見開きで1週間分の空欄と追加情報を設けた方式。左上から右下に日付を移動する。

<レフト式>

見開いたときの左側のページに1週間のカレンダー、右側に追加情報を書く欄としていて、週ごとに大まかな仕事の予定を入れたい人に向いている。

バーティカル式は時間の管理がしやすい

上記のレイアウトの中でも、できるビジネスマンにとって仕事用の手帳として特におすすめしたいのがバーティカルタイプです。

頻繁に手帳を使い、細かく時間軸で管理をしたいビジネスマンはバーティカルタイプが有効です。また、1週間の日付が横方向に並ぶレイアウトがカレンダー的で違和感が少ないのも長所です。

こういった理由から、できるビジネスマンに今最も人気があるのが、バーティカルタイプの手帳なのです。

仕事用の手帳の選び方はサイズ感をしっかり確認してビジネスに合ったものを選ぶこと

いかがでしたか?今回は、仕事で使える&できるビジネスマンに見えるビジネス手帳の選び方について説明して参りました。

最近は本当に多種多様な手帳が出回っていて、いざ仕事用の手帳を買おうと思ってもどれがいいのか迷ってしまうビジネスマンの方が多いと思います。

できるビジネスマンの手帳の選び方で最も重要なのは、自分の生活スタイルに合うか、合わないかです。時間軸で管理するのか、マンスリーで管理するのか、ビジネスマンは、仕事内容に合った手帳選びをすることで、よりできるビジネスマンという印象を与えることもできますよ。

できるビジネスマンにまた一歩近づくために、手帳選びはしっかりと行ってください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス