転職がしたい!転勤なしでできる仕事4つ

転勤

転勤なしの仕事①:規模の小さい会社

B3b22f26fb52e48b

転勤なしの仕事に転職したい場合、まずは規模の小さい会社を探しましょう。全国に支店や営業所を持つ大企業では転勤を避けられませんが、転勤先となる営業所や支店のない小さい会社では転勤のしようがありません。全国に支店や営業所を持つ大企業に就職してしまえば、転勤を希望しなくても命じられることが多いでしょう。

規模が小さければ転勤先となる支店や営業所がない

会社が社員を転勤させるのは労働効率を上げるためではなく、同じ職場に居続けることによる慣れ合いや不正を防止する目的です。支店や営業所がある企業に就職した場合、何課でどのような業務をしていようが転勤は避けられないと考えた方がよいでしょう。転勤なしの仕事に転職したいのならば、規模の小さめな会社に転職しましょう。

転勤なしの仕事②:地域分社制の会社

A

大企業でも地域分社制を導入している会社であれば、転勤なしの場合が多いです。地域分社制とは、地域ごとに子会社を別会社化させることをいいます。つまり、支店同士と営業所同士は同じ社名でも別会社扱いなので、大規模な転勤が行われないことになるのです。こういった点から、転勤なしの仕事に転職したい場合、地域分社制を導入している会社を探してみましょう。

転勤なしの仕事③:大企業の事務職

D

大企業に転職したいけれど転勤なしの仕事がいいというときには、事務職を探すのがおすすめです。一般事務や総務部、経理部では、営業部などの他の部署よりも転勤が少ない場合が多いです。ただし、事務職は女性の職場というイメージがまだ根強いうえに、最近では正社員での雇用も少なくなっています。ですので、男性が事務職に転職するのは狭き門となるでしょう。

転勤なしの仕事④:地方自治体の公務員

E

転勤なしの仕事に転職したいといっても、民間企業に就職すればいつ転勤があってもおかしくありません。今は本社しかなくても、事業拡大によって支店や営業所ができる可能性は十分にあります。そのため、どうしても転勤なしの仕事に転職したい方は、地方自治体の公務員を目指すとよいでしょう。都道府県や市町村などの地方自治体の公務員であれば、転勤があろうと基本的にはその自治体の管轄内となります。全国を飛びまわるような転勤はないといえるでしょう。

国に派遣されるケースはあるがその可能性は限りなく低い

地方公務員になれば、地元に住み続けたいという希望も叶えられます。ただし、地方自治体の公務員でも、実は国に派遣されるケースがあります。そのため、100%転勤ゼロと言い切れるわけではないのです。しかし、よほどの目的がない限り国に派遣される可能性は限りなく低く、民間企業に比べたら遥かに越県転勤になりにくいので、転職すれば安心して働けるでしょう。

転職先を探すなら「エン転職」などの求人サイトがオススメ

転勤なしの仕事を探す際には、求人サイトを活用すると良いでしょう。求人サイトでは「転勤なし」という項目に限定して検索することが可能です。以下では、オススメのサイトを2つご紹介します。

エン転職

大手サイトでありこのサイトでしか扱われていない求人が多数あります。とにかく色々見て決めたい方にオススメです。

@type

オファーDMやマッチングサービスも行っているため、転職の際に活用したいサイトです。

他にも様々なサイトがありますので、自分にあったところで転職先の仕事を探してみましょう。

転勤なしで転職したい人におすすめの仕事は地域分社制の会社や地方公務員など

転職先としておすすめの転勤なしの仕事を4つご紹介しました。転勤なしの仕事への転職を希望している方は、上記を参考に転職活動をしてみてください。また、入社時に「転勤はない」と言われても、将来的に転勤となる可能性があることを肝に銘じておきましょう。もしそうなった際に断ると評価に響いてきますので、慎重に検討することが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月3日転職