有給消化中に転職先で働くことで考えられるリスク

2018年9月26日有給

有給消化中に雇用契約が重複するのは問題あり

Business 792176 640

有給消化中に転職することは問題があるのでしょうか?その答えは、有給消化期間と転職先の試用期間が被ってしまい、雇用契約が重複してしまうので問題があります。

なぜなら、転職先の会社では例え試用期間であろうとも、雇用契約を結び、雇用保険の手続きを、きちんと取る必要があるからです。その場合は、有給休暇中の会社を退職して雇用契約を解除し、雇用保険を一旦失くした上で、転職先の会社で手続きを取ってもらう流れになるのを頭に入れておきましょう。

有給消化中も立派な社員

有給休暇の取得中は会社に通う事がないので、つい退職した気になって社員であるのを忘れてしまいますが、給料が発生している限り退職していない立派な社員です。このような状況で、転職先の会社で試用期間という扱いのもと働きはじめるのは、立派な「兼業」にあたります。

ですので、有給消化を終え退職してから転職しなければいけません。

有給消化期間中の新たな雇用は契約違反になるリスクがある

一般的な会社では、会社の規定により、兼業が禁止されているところがほとんどです。社会保険の手続もありますし、退職せずに他の会社に属している人を雇うなど、聞いただけでも何だか問題がありますよね。兼業がバレたら、会社としてもルールを破ったと判断するので、何らかの制裁が与えられます。

ですので、有給消化中に転職するのは契約違反となります。

安易な気持ちで始めるとトラブルに発展するリスクも・・・

退職・転職する両方の会社に多大なる迷惑をかけることは間違いありません。きちんと退職して、兼業はしないようにしましょう。「まぁ、このくらい大丈夫か!」「バレなければいいよね~」という安易な気持ちで行うと、あとあと、とてつもない大きなトラブルに発展する可能性があるので、十分に気を付けましょう。

退職せずに新たな仕事を始めると解雇されるリスクがある

ここまでの話しのなかで、有給消化中で退職日の間まで、たとえ出勤することがなかったとしても、実際には退職しているわけではないので、転職はできないと言いました。実際に退職せずに新たに働きだすと、新しい働き先にバレた際、解雇されるリスクがあります。

解雇された実例もあるようです

Alone 62253 640

労働基準法では禁止されていないようですが、前職の有給消化期間中に転職し、複数の会社に名前があるのが発覚して、始末書を書かされたという例があります。退職せずに、「副業」をしてはいけないという契約を犯したとされ、解雇される場合もあるようです。

ですので、転職する際きちんと有給消化しているか確認するようにしましょう。

有給消化期間中に転職すると「解雇」やトラブルのリスクが考えられる

有給消化中に、転職先で働くときに生じるリスクについて紹介していきましたが、参考となりましたでしょうか?これから、今の会社を退職して、新たな就職先を見つけようと思っている皆さん。くれぐれも有給休暇中に気が緩んで、自らトラブルの原因を作り出さないようにして下さい。

あくまでも、雇用契約を結んでも良いのは1つの会社です。今回紹介した解雇などのトラブルは、決して多くはありませんが、実際に起きたトラブルですから十分に気を付けましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年9月26日転職

Posted by BiZPARK