上司から部下への手紙で伝えるべき内容

2016年11月29日手紙

日頃の頑張りをほめる内容の手紙を書く

A0001 016560

上司から部下への手紙に盛り込むべき内容としてまず間違いなく必要なのが、日頃の頑張りをほめる内容です。部下というのはいつだって上司から評価されたいと思っているものです。誰にでも一つは褒めるべきところはあるでしょうし、それを伝えるためにも、是非上司から部下への手紙には盛り込んであげてください。しっかりと評価していることを伝えるのです。

普段言えないことは手紙で伝える

直接言葉で伝えると恥ずかしかったりなんとなく嘘っぽくなったりする言葉も、手紙に乗せて伝えると普通に伝えるよりもさらに強く思いが伝わることがあります。ですから是非とも上司から部下への手紙に盛り込んであげてください。それにより間違いなく仕事へのモチベーションも高くなりますし、こちらの印象も良くなることでしょう。他に何がなくても、ここだけはまず外せません。

相談や愚痴を話し相手になると伝える

部下にとっては上司とは、何かを相談したりしたくても簡単にできる相手ではありません。ですから、上司から部下への手紙を送る際には「何かあったらいつだって相談したりしてきていいんだよ」「愚痴だって言ってくれたら聞くよ」という内容の事を盛り込むと、すごくうれしく思うものです。実際に相談に行くことにはそれでもまだまだ勇気がいるでしょうが、それでもそうした言葉遣いが嬉しいのです。その一言がしみることがあります。外せない内容として上司から部下への手紙に盛り込んでおきましょう。

手紙には自分の連絡先を書いておく

く上司から部下への手紙に盛り込んだ方が良い内容だと言えるでしょう。「いつでも連絡してきていいよ!」と、連絡先を伝えるために電話番号やメールアドレスを書いておくのも良いでしょう。

期待していると伝えることでモチベーションを上げさせる

上司から部下への手紙では、あと、「これからも期待しているよ」という内容の事を盛り込んでいかないとなりません。これからも期待しているということが示されると、その期待に応えたいと思い、モチベーションが上がっていくものです。もしかしたら、いちいち言わなくても期待していることくらい伝わるだろうと思うこともあるかもしれませんが、そんなことはないのです。上司から部下への手紙でも、言葉にしないとその期待がちゃんと伝わらないことも多いのです。

期待の言葉は手紙の最後に盛り込む

ですから上司から部下への手紙の最後にはこうした期待を伝える内容を盛りこみ、きちんと期待していることを教えてあげてください。これからの期待でしめるというのは上司から部下への手紙の構成としても締りが良いですし、すごくおすすめです。

上司から部下への手紙はやる気を持たせて期待を伝える内容にする

以上、上司から部下への手紙に盛り込むべき内容のご紹介でした。上司から部下への手紙では、これらのような、やる気を与えてあげるような内容の事を盛り込むと効果的です。まちがっても手紙でダメだしなどなさらぬよう注意してください。上司から期待されていることを知れば、部下のモチベーションも上がるはずです。信頼していることを伝えると、上司と部下との関係がより良いものになるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK