パーマをする上で絶対に知るべき!社会人の髪型マナー

髪型

女性だけでなく男性も髪型に気を使う時代に!

Beauty saloon 569111 640

最近は女性だけでなく、男性も髪型を気にする時代になってきました。髪を染めたり、ワックスを使ったり、パーマをかけたりすることが増えましたが、社会に出ると好きな髪型にはしていられませんよね。

果たして、男性でも女性でもどんな髪型であれば社会人として問題ないのか、見ていきましょう。

美容に気を使う男性が近年急増している

美容に気を使う男性が近年急増しています。また、髪形にこだわって独自のおしゃれを追求する男性も珍しくありません。

それに伴い、男性のヘアスタイルのバリエーションも以前にくらべて格段に増えていますよね。いまやパーマをかけるのは女性ばかりではないということです。

社会人の髪型は「清潔感」が大切

やはり社会人として髪型において重要なのは「清潔感」です。シャツや背広がよれているなど服装も大事な要素ですが、きちんと髪を気にして整えているということは非常に大切です。

髪型に関しては個人の自由とされますが、ビジネスマナーの範囲内でお洒落を楽しみましょう。特に新入社員のうちは、フレッシュさも売りにすることが出来るので、髪型を変えるときはそこも意識しましょう。

パーマはボサボサ頭と紙一重

社会人になって髪型を変えたいとなった時に、パーマをかけたいという方もいると思います。

そんな時は細心の注意が必要です。前項でも述べたように、社会人には「清潔感」が一番に求められるので、パーマをかけるときには清潔感がなくならないように気を付けましょう。

パーマと言っても一概には言えませんが、セットを忘れてボサボサ頭と思われないように意識しましょう。

会社の就業規則も確認しておく

会社によって、髪形や服装には違いがあリますが、基本的には、会社に就業規則といって会社独自で決められているルールや雰囲気があるので、それに従うようにしましょう。

他会社で許されていることが、その会社でもいいとは限りませんので、きちんとその会社の就業規則を確認しておきましょう。

社会人の髪型としてパーマがダメな場合は

髪型の許容範囲が広がっているとはいえ、職種や業界によってはパーマを禁止しているとことも少なくありません。

では、社会人としてふさわしい髪形はどのようなものなのでしょうか。

Hair salon 529903 640

社会人男性の場合は短髪が好印象!

社会人男性の場合は短髪が好印象であり無難な髪型だと言えます。

もちろん、美術・クリエイティブ・アパレル系などの仕事では許容されている業界もあります。しかし、ビジネスシーンの基本として、髪型は短い方が身だしなみがしっかりしているビジネスマナーもあります。

髪の色については、染めたり、パーマをかけるというルールはありませんが、清潔感やフレッシュさをアピールするためには黒色の短髪が良いでしょう。

社会人女性の場合は、髪が顔にかならないように注意すればOK!

大半の企業で女性は、男性と違って、髪は長くても大丈夫ですが、髪が顔にかならないようにしておくと良いでしょう。

基本的に、髪の毛が顔にかからないように髪の毛は一つにまとめるのが一般的なビジネスマナーです。また、目立つような髪の染め色や刈りあげなどの奇抜な髪型は避けましょう。

女性の髪型は基本はストレートもしくはゆるいパーマ等で、髪色についてはできれば自然な染めていてもあまり目立たないようにしておくのが良いでしょう。

社会人としての髪型は男女とも清潔感を大切にして奇抜な色や髪型やパーマは業界によって避ける

いかがでしたか?

今回は、社会人の髪型でパーマは適しているのかどうかについて紹介してきました。

女性のパーマに関しては一般的になっており、余程のことがなければ、パーマをかけていても問題になる心配はあまりないでしょう。

しかし、女性に比べて男性の場合はまだまだメンズパーマが浸透しておらず、社会人の髪形としてはふさわしい物とは言い難い現状もあるので、会社の周囲に確認を取ると良いでしょう。

女性の場合でも、企業などによって、パーマを禁止しているケースもありますので、髪型を変えるときには気を付けましょう。

人気の転職サイト特集

doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

2017年1月16日ビジネス