定年まで働ける仕事を選択するポイント6つ

2016年12月9日定年

定年まで働ける仕事は社会になくてはならないことがポイント

Good 1123013 960 720

定年まで働ける仕事の選択に必要なポイントのひとつとして、その仕事が社会で必要とされており決してなくならないということが必須条件です。今は勢いがある新しい産業なども、10年後、20年後に生き残っているかどうかはわかりません。そのため、いつの時代でも必要とされる仕事を選択することがポイントとなります。

定年まで働ける仕事のポイント①:衣食住関係

例えば20歳で就職して65歳で定年するまで働く場合、その間45年間潰れずに残る仕事でないといけないということになるわけです。生活に必要不可欠な衣食住に関する仕事などは、いつの時代でも必要不可欠な業界であるといえるでしょう。定年まで働ける仕事を選択するときは、このようなポイントも大切です。

定年まで働ける仕事のポイント②:倒産しない会社

Gahag 0099425043 1

基本的に倒産しない会社を選択するということも、定年まで働ける仕事のポイントだといえます。創業してから長い会社は、かなり倒産の危険性が低いといえるでしょう。また、小さな会社だとしても、地域に根付いたサービス展開をしていて無理な企業拡大をおこなっていない会社も、定年まで働ける仕事といえるポイントになります。

定年まで働ける仕事のポイント③:病院や公共機関の業界

病院や公共機関などの、必ず誰かが利用をする場所も選択肢にいれましょう。学校などで働く教師も、定年まで働ける仕事といます。基本的には、公務員や看護師などが定年まで働ける仕事だといっていいでしょう。多くの方が公務員を選ぶポイントとして、長く継続勤務できるという理由があります。

定年まで働ける仕事のポイント④:離職率が低い

定年まで働ける仕事を探す場合、あまり選択しないほうがよい会社もあります。それは離職率が非常に高く、常に人が入れ替わっている会社です。そのような会社の場合、何かしら問題を抱えていると考えたほうが良いかもしれません。その点を踏まえると、定年まで働ける仕事にはなりえない会社だといえるでしょう。

定年まで働ける仕事のポイント⑤:体の負担が少ない

定年まで働ける仕事を考える場合は、体力も大切なポイントです。自分自身が疲弊して、病気になったり働けなくなったりしない仕事である必要があります。体への負担も少なく、なおかつ毎日の仕事が安定している仕事を選択するといいでしょう。60代まで働くことを想定して、仕事を選ぶことが大切です。

定年まで働ける仕事のポイント⑥:国家資格系の業界

定年まで働ける仕事を選択する場合は、国家資格が必要な業界を視野にいれましょう。たとえば、弁護士、税理士、公認会計士などがあります。これらの業界の需要は常にあるため、定年まで働ける仕事であるといえるでしょう。体力を必要とする仕事でないところもポイントです。

定年まで働ける仕事を選択するには安定した経営の企業を選び体力などの負担が少ないものを選ぶのがポイント

いかがでしたか。定年まで働ける仕事のポイントをご紹介しました。定年まで働ける仕事にはいろいろな種類があるため、自分にあった選択をしましょう。企業自体が存続でき、なおかつ自分自身が体力的にも精神的にも続けることの出来る仕事であるかがポイントです。定年まで働ける仕事に就きたい人は、焦らずじっくりと仕事を選択する必要があるでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日転職

Posted by BiZPARK