口座を会社が開く意味と取引先との支払いにおけるメリット

口座

専用の銀行に口座を開くという意味ではない

Abc

取引先との間に口座を開くという言葉は、実際に取引先との間にそれ専用の「銀行」の口座を持ち、支払を行うという話ではありません。

取引先との間に口座を開くというのは「社内」に口座を開くという意味なのです。こちらが相手に仕事を依頼しようと思ったら、まず相手にこの会社の口座開設申請書を出してほしいと頼みます。

相手が安全な取引先かどうかを審査する意味合いがある

そして取引先が会社の口座開設申請書を提出してくれたら、社内の別の部署がその会社が取引先として大丈夫なのか?安全な会社か?というのを調べるのです。

そのような情報を調べずに仕事上で契約して、仕事を依頼しお金を払っていたとしてもそれで相手がつぶれてしまったりしたら大損になってしまう可能性がありますよね。そのような審査を重ねて、安全な取引先かどうかを調べていくのです。

ですから会社口座開設する意味というのは、相手が安全な取引先かどうかを審査する意味合いがあるからと覚えてきましょう。

口座を開くと支払が楽にできるようになる

そうして審査をして社内に口座をくと、その会社に対しての支払いがすごく楽にできるようになります。つまり、この取引先との間に口座を開くという目的は、簡単に言うと、支払いを楽に行うようにするためにやっているのだということが言えるのです。

何度も取引を重ねる会社との間で支払が楽になる

一回キリの関係であればいちいち審査をしたりして、口座を開くのもめんどくさいだけかもしれませんが、もし何回も取引をしようと思っているのであれば、そうして口座開設をして楽に支払ができるようにするに越したことはありませんよね。

こうした取引先との間に口座を開くというのは支払うのが楽になるという支払い側のメリットばかりではなく、受注側にとってもメリットがあります。

口座開設による取引先との支払いにおけるメリット

会社が口座を開く意味合いについては、ご理解いただけたと思います。では、その意味を理解したうえで口座開設をすると取引先と、どのようなメリットが生まれるのかについて紹介します。

Money marumeru

メリット①安定した長期的な取引につながる

支払いが楽になるというのは、受注側にとっても、取引先から安定した受注が見込めるというメリットがあります。

取引先との間に口座を開くという行為は、先でものべてきたように口座開設の審査があったりして、時間も手間もかかります。

ですから、口座を開くといった口座開設を行う際には、実際にどれくらいの期間がかかるのかを、金融機関で調べておきましょう。

メリット②取引先との信頼関係の構築に繋がる

また、取引先も長期的な依頼を目的として、口座を開くわけですから、そのような観点からも口座開設をすることで取引先との安定した、長期的な仕事の依頼を受けるという可能性はすごく高くなり、それにより信頼関係も構築されます。

ですから、取引先との間に口座を開く行為は、このように支払い側、仕事の受注側双方にとってメリットがある行為だといえるでしょう。口座開設をするメリットについてはしっかりと理解しておきましょう。

社内の口座を開くと取引先との信頼関係ができるなどのメリットがある

会社が口座を開く意味と、口座開設による取引先との支払いにおけるメリットを紹介します。

また、取引先との間に「口座を開く」という言葉の意味についてもご理解いただけましたか?ビジネスにおいて取引先と長期的な信頼関係を築くうえで、「口座を開く」というのは、とても大切です。このようにして一つ一つ理解して社会人として成長していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス