上司と部下の信頼関係を築くためのコツ3選

信頼関係

上司と部下の信頼関係のコツ①:社員のミスは責任をとる

Cc library010009868

上司と部下の信頼関係を築くためのコツとして、まず最初に紹介するのは、会社での社員のミスは責任をとるということです。社員が会社でミスをした時に、責任をとるためにいるのが上司です。

その上司が、社員がミスをした時に会社で知らんぷりでいたら、上司と部下の信頼関係なんて築けるわけもありませんよね。会社で上司と部下の信頼関係を築きたいのであれば、上司は部下の味方でいれるようになりましょう。

部下の盾になれる上司は信頼が築ける

社員のミスが大きなミスでなくても同じことです。会社で小さなミスが他部署の社員に迷惑をかけたら、罪をかぶりきっちりと社員の盾となってあげてください。

そうした献身性から上司と部下、社員同士の信頼関係は築かれていくものです。間違っても会社でミスを社員に叱責したり、社員に理不尽な文句を言ったりしないようにしていきましょう。

上司と部下の信頼関係のコツ②:社員に細かく指示しない

Classroom 381895 640

会社での細かすぎる指示は、社員との信頼関係を感じさせないものです。ですから上司と部下の信頼関係を築きたいと思うのであれば、社員に細かい指示を与えすぎないようにしていった方が良いでしょう。

会社では細かい指示を与えずにある程度の「後は任せるからやってみてもらえる?」という指示だけ与えていけば、自然と社員は会社で信頼されているんだなぁと思うようになります。

会社なので放任すぎるのは厳禁

信頼されていると相手に思わせるのは、会社で上司と部下の信頼関係を築く上で非常に大切だと言えるでしょう。もちろん大雑把すぎる指示を与えてそれで逆に部下を混乱させ、その結果できてきたものに対して文句を言うというのは社員に対してすごく理不尽です。

放任過ぎる結果の失敗に関しては、明らかに上司に非があります。これで部下を責めると、上司と部下との信頼関係も壊れていってしまうので、注意して下さい。あくまでも会社ではある程度の指示はきちんと与えるのが大切です。

上司と部下の信頼関係のコツ③:普段から会社で話しかける

普段、会社でのなんてことはない日常会話からも、上司と部下の信頼関係というのは構築されていくものです。会社で逐一こちらから話しかけるようにして、相手からも話しかけやすい雰囲気というのを作って行きましょう。

上司と部下の信頼関係は日々の積み重ねです。まったく普段話をしないような方に信頼されていると分かっても、それは相手からの信頼にはつながりません。本当の上司と部下の信頼関係とはいえないので、日頃から話しかける努力はして下さい。

部下との信頼関係は上司から積極的に接していくのが◎

Kermit 211105 640

普段から会社で会話をして、お互いに人間的に理解した上で、上司と部下の信頼関係が構築されるのです。会社では部下からは基本的には上司には話しかけづらいものです。上司と部下の信頼関係を構築したいと思ったら、まず間違いなく上司の方から社員に積極的に話しかけていく必要があると言えるでしょう。

会社での上司と部下の信頼関係は≪社員同士の接し方≫がカギ

以上、上司と部下の信頼関係を築くためのコツの紹介でした。これらのことを会社で心がけて生活していけば、間違いなく部下との信頼関係はできていき、社員がお互いに気持ちよく仕事ができるようになっていくのではないでしょうか。会社勤めの方は是非参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス