上司の役割と部下の役割とは?社内で心がけるコト

2016年12月6日上司, 部下

しっかり把握!上司の役割とは?

Tumblr nx58h0sub21tomxvuo2 1280

まずは、上司の役割を見ていきましょう。共に仕事をする上で一番大事なのは信頼関係です。部下のやる気を出すためにも、上司の役割をしっかりと把握して、部下の教育に努めましょう。責任の重い上司の役割を、しっかり把握してくださいね。

上司の役割①:部下をやる気にさせる

仕事場において上司と部下との関係性は変わりません。「上司の役割は部下をやる気にさせて、仕事を完遂させる」です。上司の役割は部下をやる気にさせて、仕事に向かわせ成果を挙げることが求められ、なおかつ自分の仕事もきっちりこなさなければなりません。

上司の役割②:部下の仕事を支え、教える

上司も人間ですから好き嫌いがあります。部下も上司だから教えてくれるのが当たり前ではありません。仕事が本当に好きならば、態度に表れます。部下が本気で仕事を覚えたければ、上司に教えを乞い真摯な態度で仕事に打ち込んでいるでしょう。

上司もその姿を見て仕事を教えたくなるものです。「上司は会社の利益を、部下は仕事への忠誠心を」表せばおのずとより良い関係性が見えてくるでしょう。

改めておさらい!部下の役割とは?

Tumblr nuqdnuxigr1tomxvuo8 1280

上司に役割があるように、部下にも役割があるのです。今一度、おさらいしてみましょう。お互いの役割を理解し、真摯に仕事をすることは、どちらにとっても大切ですので、役割を再認識しましょう。

部下の役割①:仕事へのやる気を見せる

仕事ができるから昇進して上司という立場になったのでしょうが、やはりそこは人間ですから相手を見ます。立場上仕事を教えたり支持を出したり、時には叱責をしながら部下を仕事に向かわせます。

それが上司の役割とはいえ、モチベーションを維持するのは大変です。部下が上司に対して、仕事のやる気を見せれば上司は必ずそれに応えてくれるハズです。仕事場では上司は部下を仕事へのやる気をアップさせ、部下はそれに応えて成果をあげましょう。

部下の役割②:上司への真摯な対応

部下にとって上司とは、支持を仰ぎ指導してくれる存在です。自分が成長するためには無くてはならない存在です。上司だからといって部下に全ての仕事を教えてはくれません。上司とはただ単に役割に過ぎないのです。

立場上仕事場での役割が上なだけで、部下を好きでも嫌いでもないかもしれません。仕事場では信頼関係で成り立っています。

漏れなくチェック!上司・部下ともに果たす役割

では、最後に上司と部下ともに果たすべき役割をお伝えします。最後まで漏れなくチェックしてくださいね。上司と部下の役割上、仕事での関係性は変わりません。会社の目標は同じですから、それぞれがお互いの役割を理解することで、円滑な仕事ができるようになります。

上司・部下の役割①:ともに成果をあげる

仕事場での上司と部下の役割は明確に決まっています。上司は部下に対して、真摯に向き合い、耳を傾け、指導をして会社への成果を挙げることです。それに対して、部下は上司への指示を仰ぎ、仕事に真摯に向き合い、成果を挙げることです。

どちらも仕事に対しては、働いている以上成果を挙げなければなりません。会社にとって成果とは極めて重要なことです。

上司・部下の役割②:ともに成長して気分よく仕事する

Cc library010009868

成果によって従業員を養っているので当然ですが、会社は目先の成果だけを求めてはいません。上司や部下の立場上区別はしていますが、どちらも自分自身が成長して行かなければなりません。会社の成長に合わせて、自分も成長することで将来も会社が存続することができます。これはどちらが欠けてもなりたちません。

「上司と部下の関係性だけではなく、真摯に仕事に向かう姿勢が大切」です。お互いが真摯に仕事に取り組めば、気分良く仕事ができます。それは個人の成長だけでなく、会社の発展にも繋がることです。

社内では上司も部下もやる気ある姿勢が求められる!仲良く成長しあうべき

上司の役割&部下の役割で求められる社内での認識について紹介しました。上司と部下の役割上、仕事での関係性は変わりません。会社の目標は同じですから、それぞれがお互いの役割を理解することで、円滑な仕事ができるようになります。紹介した役割を参考に、お互いの役割を理解し、真摯に仕事に取り組むようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月6日ビジネス

Posted by BiZPARK