大学院の面接試験で気になるスーツの服装マナー

大学院, 服装マナー

大学院の面接試験でもスーツを着用するのがベスト

Fashion 601553 640

就職活動で面接試験を受ける場合は、カジュアルな服装で臨む人はいません。誰もがスーツを着用しています。採用面接であれば、スーツ着用というのが常識となっているためです。

しかし大学を卒業して大学院に進学しようとする場合、大学院の面接試験にどのような服装で臨むかは迷ってしまうものです。大学院の面接は採用面接とは異なるものですが、結論から言うとスーツを着用するのが望ましいとされています。

指定がなくても面接試験に臨む服装はスーツ着用が基本

どのような場面であっても、服装に気を配ることが大切です。スーツ着用という指示がなかったとしても、面接試験に臨むのであればスーツ着用は基本なのです。もちろん服装の指示がなければ、スーツ着用でなくても直ちに不合格になるということはありません。

しかし他の受験生がスーツで訪れている中、自分だけカジュアルな服装らどうしますか?きっと浮いてしまって、選考の上で不利な扱いになる可能性があるでしょう。注意しなければなりません。

改まった場面に臨む際はスーツを着用するのが無難

Gf01a201503212200

服装に関する指示が出ていない場合でも、改まった場面に臨む際はスーツを着用するのが社会人としての常識です。個性を出すことは大切ですが、服装で個性を出すことは求められていません。

大学院の面接試験は、受験生が内面をアピールしていく場です。なので、しっかりとした服装で臨むようにしなければなりません。スーツが常識とされている場で、スーツを着用していない人は常識が欠けていると判断されます。評価を下げないようにしましょう。

スーツを着用して学ぶ意欲があることをアピール!

大学院というのは大学で学んだ知識よりも、深い知識を身につけるための教育機関です。大学院の面接試験は、大学院で学ぶだけの資格があるかどうかを判断するために行われています。

つまり落ち着いた雰囲気のスーツで臨むと、しっかりと学ぶ意欲があることをアピールできるのです。大学院の面接は、企業の採用面接に臨むような気持ちで受けることが大切ですよ。

面接官から見て清潔感を感じるスーツにしよう

大学院の面接は、企業の採用面接ほど厳しく服装がチェックされることはありません。しかし、スーツであれば何でも良いという考え方で臨むのは避ける必要があります。

面接官から見て、不快な印象を受けるようなスーツでは、第一印象の時点でマイナス評価を受けてしまいます。清潔感があることは大前提ですが、気にする点は清潔感だけではありません。たとえば、色の選び方も重要です。

黒を基調とした色であることが望ましい

大学院の面接を受ける際のスーツは、黒を基調とした色であることが望ましいです。企業の採用面接を受ける場合、黒系のスーツを着用するのが一般的です。なので、大学院の面接でも採用面接に準じて考えるようにしましょう。

落ち着きのあるスーツを着用していると、それだけで気持ちを落ち着かせる効果もあります。大学院の面接で良い評価を受けられる受け答えをしやすくなるのです。

大学院の面接試験の服装は採用と同じで黒色のスーツを着用するのがマナー

大学院の面接試験で気になるスーツの服装マナーをご紹介しました。大学院に進学したい場合は、面接試験を受けるようになりますよね。大学院の面接を受ける場合となると、どのような服装が良いのか迷ってしまうこともあります。

しかし、服装で他者との差をつける必要はないので、落ち着いたスーツで受けるようにすることが基本です。マナーをわきまえて、勉強に励んでくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年6月26日ビジネス