トライアル雇用とは?知っておきたいその意味と問題点

トライアル雇用

トライアル雇用とは別名「二段階雇用」を意味する

C789 tokeiwokakuninsurudansei500

トライアル期間とは何かをまず紹介します。トライアル期間とは、トライアル雇用をされている期間をさします。トライアル雇用とは、別名「二段階雇用」を意味します。この二段階雇用は、企業と雇用期間の定めのある、雇用契約という意味になっています。そのためトライアル期間が終了したら、企業との雇用契約もなくなってしまうのです。このように、トライアル雇用とは、契約期間以降も企業で働きたいという際には再度雇用契約を締結しないといけないのです。この意味は、しっかりとおさえておいてくださいね。

「試用期間」はトライアル期間と違い正規雇用までが近い

トライアル期間と混同されやすいのが、試用期間です。この試用期間とは、本当にその企業でやっていけるのかどうかといったことを確かめる期間なのです。そのため試用期間中に問題があったり、不的確とされた際にはその企業を辞めさせられる場合もあります。しかし、試用期間をすぎれば自動的に正規雇用に転換するというのがトライアル雇用・トライアル期間とは大きく違ってくるところでしょう。試用期間は3ヵ月が一般的ですが、企業によって様々です。

企業が受けるトライアル期間のメリット:公共職業安定所から助成金が出る

Dollar 1362243 1280

トライアル雇用を行う企業にとって、どのようなメリットがあるのかをまずは背景として知っておきましょう。トライアル期間を経て、若年者を本採用したという際には、企業は若年者等正規雇用化特別奨励金が3回にわたって支給されます。これが、企業がトライアル雇用をする理由です。続いては、応募者がトライアル期間を受ける際のメリットについて紹介しますので、企業側のメリットと比べて確認しておいてくださいね。

応募者にとっては面接のハードルが低いメリットがある

前述で紹介したように、トライアル雇用で若年者を本採用した企業は若年者等正規雇用化特別奨励金が支給されます。企業によっては、このトライアル雇用からの本採用で特別奨励金が支給されることを目的としているところもあります。ですので、募集要項に「トライアル雇用」「トライアル期間あり」などと記載がある企業は、比較的面接のハードルが低く通りやすいといわれています。この面接のハードルが低いという部分は応募者にとってのメリットだといえるでしょう。

トライアル雇用の問題点とは?

トライアル雇用で応募したい人は、まず公共職業安定所(ハローワーク)に行ってみましょう。色々と案件を紹介してくれますし、時期によっては上場企業のトライアル雇用の案件もあります。最後に、とても魅力的に感じるトライアル雇用にも問題点があるみたいです。ですので、トライアル雇用でどのような問題点があるのかも知っておきましょう。

トライアル雇用は企業が悪用しやすいという問題点がある

トライアル雇用を利用するのであれば知っておきたいのが問題点です。実は、トライアル雇用を悪用する企業があるという問題点が存在します。トライアル雇用は人件費を押さえて人を雇えます。そういったトライアル雇用を逆用して、トライアル期間だけで終わらせてしまう企業が実際に存在しているのが問題点となっているのです。

応募者が見抜きにくいのも大きな問題点

より大きな問題点といえるのが、応募者がこういった企業を見分けることが難しいというところです。求人情報だけで企業を判断しなければならないため、応募者はこの問題点を見抜くに至りません。これは重大な問題点といえるでしょう。正規雇用が約束されているトライアル雇用ならではの問題点ですね。応募者は、インターネットなどの口コミも確認してから、この問題点に立ち向かうべきでしょう。

二段階で人材を見極めるためのトライアル雇用には正規雇用が約束されていない問題点がある

トライアル期間とは何か。その意味と、企業が行うトライアル雇用の問題点を紹介してきました。トライアル期間は試用期間とは雇用契約上違った点があります。またトライアル期間には経歴にキズがつくといった問題もあります。トライアル期間とは年中案件があるということもおすすめできる点です。しかし、トライアル雇用は、正規の雇用を約束するものではないため、これを悪用する企業もある問題点も存在します。この問題点も考慮して就職活動をしていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日転職