リクルートの最終面接で採用を勝ち取るための対策

リクルート

リクルートの最終面接で採用の可否が決まる

Tsu88 tabidachi thumb 815xauto 18299

リクルートする際には、最終面接が終わるまで気を抜いてはいけません。基本的に、最終面接までたどり着くことが難しく、最終面接まで進めばほぼ採用が確定していると考えられます。しかし、最終面接で印象が悪くなれば不採用になる可能性が一気に高まります。それとだけ最終面接では採用のひと押しとなることを求められているので、自分を精一杯に表現しましょう。

最終面接にたどり着くまでのプロセスが一番重要

最終面接まで辿り着けない場合においては、志望動機や自己PRの内容、または面接を受ける態度に問題がある可能性が高いです。最終面接に辿り着けるのは、採用予定人数と同じ人数であり、全員が採用される可能性もあります。最終面接が一番重要ではなく、そこに至るまでのプロセスが重要なので、しっかりと企業研究をして面接で好印象を与えましょう。

リクルートの最終面接は雑談で終わることも多い

リクルートする際には、最終面接に進めた時点で気を抜いてしまうことがあります。それだけ、最終面接の内容は面接というよりは面談に近く、入社後の希望や趣味の話しなどに終始した内容になっていることが多いです。しかし、最終面接に通過して内定を出してもらい、それを受け入れることでリクルートが一通り終了することになるので、最後まで気を抜かずに、採用担当者が注目しているところを把握して正しく対応しましょう。

最終面接で見られている部分は企業との適性

リクルートの際の最終面接で見られている部分は、前回までの面接と同じく企業との適性です。適性が無い人物を採用してしまうと、早期退職されてしまうことで教育コストをかけたことが無駄になってしまいます。人材不足にも繋がるので、最終面接では本当に採用をしてもいいのか、これまでの面接よりも慎重に見られています。

リクルートの最終面接ではより深く人柄を見られることもある

リクルートの際の最終面接では、より深く人柄を見られることがあります。前回の面接の時間では話せなかったこととして、仕事や人生に対する考え方などを質問されることがあります。より、自分の人格や性格に迫る内容となっており、評価を上げるために発言をするというよりは、日常会話を楽しむ雰囲気で伝えることが大切です。

リクルートする際には和やかな場合と圧迫的な最終面接の2つのパターンの対策を!

リクルートする際には、最終面接の対策も必ずしておきましょう。和やかな雰囲気で面接を進められてきても、最終面接だけは圧迫面接である場合もあります。予想外のことが起こることで緊張してしまい、正しく受け答えできないことも考えられます。その可能性も考えておいて、少なくとも緊張の対策として、和やかな最終面接と圧迫的な最終面接の2つのパターンの対策をしておきましょう。

リクルートの最終面接は採用する上での最後の見極めであり今までとは違う雰囲気であっても臨機応変な対応を心掛けよう

リクルートにおける最終面接は、本当に採用してもいいのかどうかを見極める面接です。就活生としては、最終面接の内容に応じて臨機応変に対応して、好印象を得たまま内定を出してもらうことが大切です。リクルートの際には、最終面接が和やかな雰囲気で進められると勝手に想像するのではなく、圧迫面接の可能性も考えて対策しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日転職