入社前に行われるオファー面談の重要性と企業の狙い

オファー, 面談

オファー面談は別名「条件提示面談」と呼ばれている

Notepad 690335 640

オファー面談とは別名条件提示面談とも呼ばれるもので、内定連絡後に企業側から行われることが大半です。

例えば、「当社としては、Aの条件で入社をお願いしています。」「他に内定を貰っている企業などはありますか?」といったように内定前の調整や相談をするのがオファー面談の役割です。

これまでの説明と異なる条件を提示されることも!入社前の確認は重要

オファー面談は、最終的に企業への入社を決定するという大事な役割を持っています。企業とある程度交渉が出来る機会でもありますから、積極的に活用していくことが大事になってくるでしょう。

オファー面談で、それまで説明されていたのとは違う雇用条件を提示されることもありますから、気は抜けません。そうなると、企業への入社前にしっかりと話し合いが必要になってきます。そんなオファー面談の活用法を見て行きましょう。

オファー面談は入社前に企業から詳しい話を聞けるいい機会

オファー面談では、企業に入社する前に不安なことは全て聞いておきましょう。

例えば待遇はどうなるのかといった質問から、数年後どういったポストになっていくのかといったキャリアプランも気になるようであれば聞いておきましょう。より詳しい話ができるのがこのオファー面談の場ですので、聞き漏らしはないようにしたいものですね。

オファー面談時には入社後の細かい流れも聞いておこう

また企業への入社後の細かい流れも聞いておきましょう。どういった部署でどういったプロジェクトに配置されるのか、給料や勤務時間は変わりがないかといった項目も実際の働き方に関わってきますから必ず聞いておきたいものです。

オファー面談後には今後関係にある部署の人に挨拶しておくのも効果的でしょう。

オファー面談を行う企業側の狙いは「誤解の解消」「本気度を図る」

Business 740074 640

オファー面談では企業側の思惑もを知っておきましょう。企業側としてはオファー面談を実施することによって採用予定者と誤解がないようにする、どのくらい入社に本気なのかを確認できるといった利点があるのです。そのため積極的にオファー面談ではコミュニケーションを図っていくことで無駄な誤解も減ります。

オファー面談では企業に入社時期や配属部署の希望を言える!

オファー面談ではある程度交渉も可能です。例えば入社時期や配属部署といったものは希望を伝えれば配慮してくれることもあります。特に人にはない技術や経験があるといった自負があるならば積極的により良い雇用条件にしていきましょう。オファー面談では会社の上級役員が対応に出るといったこともありますから、この貴重な機会を逃さないことが大事です。

オファー面談では入社前に企業と最終確認を行う!要望や意見なども言える場である

オファー面談を入社前に企業と行う重要性について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?オファー面談でも気を抜くこと無く雇用条件の確認などをしておきましょう。不安を失くすためにも疑問点は漏らさず聞いておきたいものです。また相互の誤解を失くすためにも内定の意図があるならばはっきりと伝えましょう。オファー面談では交渉がある程度可能であり、積極的に相談して貴重な機会を逃さないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年3月5日転職