退職日を変更したい場合に取るべき行動

退職日

退職日の変更が可能になるケース

Document 428334 640

会社に勤めている限り、誰でもいつかはその会社を辞める日が訪れます。定年まで勤めなくても、最近であれば途中で退職する方も多いことでしょう。では、退職日を後から変更することは出来るのでしょうか。この点について書いてみたいと思います。

退職願の場合は変更可能だが退職届は撤回できない

まず、退職日が変更できるかどうかは、提出した書類によって大きく違ってきます。退職の意志を表明するためには、大きく分けて、退職願と退職届という二つの書類を提出するケースがあります。退職願が文字通り退職をお願いする書類であるのに対し、退職届は強い意志を表明するものですから、撤回出来ません。

退職願と退職届の違いについて

会社を辞めるためには、会社に対して正式に退職の意志を伝える必要があります。書類として提出するのは、ほとんどの場合には退職願か退職届となりますが、この書類にはいずれも何月何日に退職する(または退職したいという希望)という内容を書く必要があります。

退職日を変更する可能性のある場合は退職願を提出する

ところが、後から退職日を変更する場合、退職願の場合には出来ますが、退職届の場合には出来ないという大きな違いがあります。従って、後から退職日を変更する可能性のある場合には、退職届ではなく退職願を提出する様にした方が無難ですので、気をつける様にしましょう。

退職日を変更したい場合は正式に退職日変更の書類を届け出る

退職するにあたって、会社に対して提出する書類には、退職願と退職届がある点を説明してきました。また、退職届の場合には、その記載内容を後から変更することは原則として出来ませんから、退職日を変更する可能性のある場合には、退職願を提出しておく方が無難なのです。

変更が必要となった理由を具体的に書く

また、退職願を提出した後に、退職日を変更する必要性が生じた場合には、口頭やメールなどではなく、正式に書類として退職日変更の届けを提出する様にしましょう。この場合、出来れば理由として、一身上の都合ではなく、変更が必要となった理由を具体的に書くとよいでしょう。

退職日を後から変更したい場合にはあらかじめ退職願を提出して具体的な理由を正式書類にて届け出る

会社を辞めることになった場合で、後から退職日を変更する可能性がある場合についてまとめたいと思います。まず、一番のポイントとしては、退職の意志を伝える書類として、退職届ではなく退職願を提出する必要がある事です。ここを間違えると、後から大変な事になりますので、十分注意しましょう。退職願は、定められた書式はありませんので、少し上質の紙に黒のボールペンや万年筆で記載します。封筒に入れて会社宛に提出します。この後に退職日を変更する必要性が生じたら、早めに書類として変更の旨を会社に伝えましょう。給与や賞与の額が変更になる場合もあります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職