早期退職後に最低限必要となる生活費を含めた貯金額

早期退職, 貯金

必要な貯金額は早期退職時の状況で変わってくる

Euro 870754 640

早期退職時に必要な貯金額は、その人の状況で変わってきます。

例えば、その人が得てきた収入、これまでの生活費の使い方、早期退職する年齢から厚生年金や共済年金がもらえる65歳までの年数、などで異なってきます。つまり一律ではないのです。

早期退職時の年収で必要な貯金額の金銭感覚が違うため

早期退職後は、慎ましく生活するから生活費は必要最低限で良いと考えても、もともと700万円の年収の人と、300万円の年収の人では、当然生活費の支出に関する感覚が違っています。退職後に必要な生活費は一律には決められないのです。

また、慎ましい生活に変えると言っても、元の生活を一気に変えるのは中々難しいです。こうした事を考えてザックリと早期退職に必要な貯金額の計算の仕方を考えてみましょう。

年収500万円の人が早期退職後に1年間で必要な貯金額とは

Money case 163495 640

現役時代に年収が500万円であった人を例に、早期退職後に1年間慎ましく生活するのに必要な貯金額を算出してみましょう。

500万円の年収から、税金と社会保険料を差し引いた手取り収入が400万円であったと仮定します。更にここから年間60万円の貯金をして、早期退職の準備をして来たとします。

すると、実際に個人の意思で変える事の出来る支出は340万円になります。この340万円での生活を、退職後は節約して70%の240万円で生活設計できるとしましょう。

その240万円に、退職後に必要な国民健康保険料や国民年金の掛け金をプラスしたものが1年間に必要な支出であり、取り崩す貯金額となります。新たな社会保険料を簡便のために60万円とすれば、300万円となります。

ここでは、ザックリ計算方法を考えるために数値を置いていますが、実際には個人毎の正確な値を入れて計算する事が必要です。あくまで参考だと考えてください。

57歳で早期退職した場合、1年間で300万円、65歳までの9年間では2,700万円の貯金が必要

先の例では、年収500万円の人が早期退職後には年間300万円の貯金を取り崩して生活するのが相当と言う事になります。

仮に57歳で早期退職したとすると、年金がもらえる65歳までの9年間で2,700万円の貯金が必要となります。

慎ましい生活をすると言っても、結構大きな額の備えがなければ、早期リタイアしてその後働かずに悠々自適な生活を送るのは困難なのです。

【番外編!早期退職を考えている人へアドバイス!】フリーランスの仕事やアルバイトをすべき

もちろん、退職金があればそれを不足分に回す事も可能ですが、万が一の事を考えると、退職金のすべて使い果たす事も無謀です。

そうした事を考えると、特技や趣味を生かしたフリーランス的な仕事やアルバイトで少し働き、収入を得て貯金の不足分を補いながら早期退職後の生活を送る事も考えるべきでしょう。

できるなら早期退職せずに定年まで働くほうが生活は安定します

11898672 633488103460222 8037676593389478027 n

年金生活になった時の収入不足分を補うための資金として、退職金は貴重な財源です。サラリーマンが早期退職して全く働かないで65歳まで生活する貯蓄額を準備するのは一般的には困難にも思えます。

できることなら貯金をあてにした早期退職をせずに、定年まで働くのがベストでしょう。

年収500万円の人が57歳で早期退職するなら生活費も含めて2,700万円の貯金が必要!

早期退職後に必要とされる生活費を含めた貯金額について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?早期退職するのに十分な貯金額は、現役時代の収入と生活パターンによって異なります。

先の例の様に、57歳で年収500万円のサラリーマンであった人が早期退職して、節約生活しても1年間で300万円は必要です。

さらに年金受給できる65歳までの9年間ではザックリ2,700万円が必要となります。退職金をもらったとしても、そのすべてを早期退職後の生活支出に当てるのは無謀です。

もし、早期退職を自ら考えるなら、しっかりと生活設計を計算した上で、週に2,3日アルバイトをしたり、フリーランスでいくらかの収入を得る事で貯金の不足分に充てる事を考えるべきかもしれませんね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス