退職金の受給に関する申告書と退職手当の関係と提出先について

退職金

退職金の受給に関する申告書は失業手当の給付を受けるための必要提出書類である

Dollar 163473  180

退職金の受給に関する申告書は、退職を予定している居住者が、退職手当等の支払を受ける時までに退職手当等の支払者に提出することになっています。

しっかり記入漏れのないようにしましょう。

退職金の受給に関する申告書には退職日か雇用形態変更日の前日の属する年を記入

提出するにあたり、退職金の受給に関する申告書には所定の記載方法が決められています。

また退職金の受給に関する申告書の課税年は退職所得として扱われる年のことを表しています。

記載時には、退職日または雇用形態変更日の前日の属する年を記入するようになっています。

印を捺印して住民票の住所を記入

また、印については鮮明に押すことが必要です。不鮮明な場合は余白へ押し直す必要があります。なおシャチハタ印や欠け印、二重押しは不可となっています。

退職金の受給に関する申告書に記載する現住所については退職日または雇用形態変 更日の前日に、 現在の住民票に登録されている住所を記載します。

また、その年の1 月1 日現在の住所は、課税年の1 月1 日現在の住民票登録住所となっており、現住所と同一であれば同上と記入します。

退職金の受給に関する申告書は生活保護の受給についても記載する

現在、生活保護法による生活扶助を受けている人は有を、その他の人は無に印をします。③の欄の(自)は当基金の(みなし)起算日ですので資格取得日を、(至) には資格喪失日を記載します。

年数については加入年数になり、1年未満は切上げて記載します。

「うち特定役員等勤続期間」と「うち重複勤続期間」は「無」に印をつけます。

退職金の受給に関する申告書のC 欄、E 欄は該当者のみ記入します。A 欄の勤続期間と前職の勤続期間が重複する場合のみ記入します。5年以内にグループ会社に転籍し、前会社で退職金の給付があった場合は、A欄とC 欄の勤続期間が重複する可能性が高いため、提出の際には記入もれに注意します。

退職金の受給に関する申告書の提出先:退職手当等の支払者に提出する

退職金受給に関する申告書は、退職者が退職手当等の支払を受ける時までに、退職手当等の 支払者に提出することとなっています。

日本国内において退職手当等の支払を受ける居住者は、この申告を行わなければならないとされ、この申告を行わない場合、退職手当等の金額に20.42%の税率による源泉徴収が行われることになります。

退職金受給に関する申告書を提出した場合には、勤続年数に応じた退職所得控除を受けることができます。  

退職金の受給に関する申告書とは退職者が退職金を受ける為の大切な手続き書類

退職金の受給に関する申告書は、所得税法第203条1項各号に掲げる事項を根拠とし、退職を予定している、退職手当等の支給を受ける居住者が退職金の受給に関する申告書に記載して退職手当等の支払者に提出する手続です。

退職金の受給に関する申告書は退職手当の手続き書類であり支払者に提出することになっている

退職金の受給に関する申告書は、居住者が退職金の受給に関する申告書に記載して退職手当等の支払者に提出する手続書類です。退職金受給に関する申告書は、退職者が退職手当等の支払を受ける時までに、退職手当等の支払者に提出することとなっています。

記入方法は説明した通り少し難しいかもしれませんが、ミスの無いようしっかり記入して、手続きがスムーズにできるようにしましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職