派遣社員の立場を利用して気楽に働くには

派遣社員

派遣先での派遣社員の立場は弱いもの

A0001 017426

派遣社員は、派遣先の企業でどのような立場に立たされているのでしょうか?全ての派遣社員が必ずしも低い立場に立たされているわけではありませんが、心無い扱いを受けることは頻繁に起こっています。

派遣社員が受ける扱いは露骨に立場の低さを感じさせる

派遣社員は、他の社員がやりたがらないような面倒な仕事や雑用を押し付けられがちです。また、業務上のことで意見をすると、「派遣のくせに」と陰口をいわれたりすることもままあります。このほか、社員食堂や休憩室といった会社の施設を使えない、臨時ボーナスがもらえないなど、露骨に立場の低さを感じさせられる場面が多いのが、気楽とは遠い派遣社員の抱える現実です。

気楽でいるためには個人で覆せないルール・契約があることを理解しておく

派遣社員は、なんの理由もなく前述のような扱いを受けているわけではありません。「派遣のくせに」という陰口は論外ですが、社員食堂を使えなかったり、臨時ボーナスがもらえないのには契約上の理由があるのです。派遣社員として気楽に勤務するためには、このようにまずは個人の力では覆せないルールや契約が有るのだと、理解する必要があります。

派遣社員の所属先は派遣元の会社である

どのような企業で実務に従事しようとも、派遣社員の所属先は派遣元の会社です。ですので、派遣先の一般的な正社員のために用意された福利厚生施設である社員食堂や休憩室を利用できないのは、当然のことだといえます。また、臨時ボーナスは派遣元との契約に記されていない給与であることが一般的なので、派遣社員がもらえるケースは少ないのです。このような点を押さえておくと、少し気楽に過ごせるようになるでしょう。

派遣社員はクールな姿勢で立場の違いを受け止めるべき

派遣社員として気楽に働くためには、こうした正社員と異なるルールや契約について、クールな姿勢で受け止める必要があります。派遣社員としての立場を上手く利用して気楽に勤務するには、「クールになることが肝要なのだ」と覚えておきましょう。

気楽に働くために「適度な距離をとって仕事をこなす」

派遣社員の方が派遣先で気楽に働くには、人間関係や会社の事情と一定の距離をとる必要があります。たとえば、部署内の派閥争いに関与したところで、派遣社員にはなんの利点もありません。また、派遣先の業績が良くないからといって、さほど気にする必要もないのです。

企業側は派遣社員をいつでも解約できる権限を持っています。つまり、企業にとって派遣社員は便利な労働力以外の何者でもありません。ですので、「派遣社員も自分は一時的な戦力として技術を提供しているのだ」というクールで気楽な立場をとったほうが良いでしょう。適度な距離をとって仕事をこなすのです。

目の前の業務を淡々とこなし実力をつけるスタンスが大事

派遣社員として勤務している人の中には、派遣切りに遭う可能性がある立場のことを考えると不安になるかもしれませんが、実力があれば新しい派遣先で仕事を始められるのです。深く考えすぎずに、目の前の業務を淡々とこなし実力をつけることが、派遣社員が気楽に働くために必要なスタンスなのです。

派遣社員の立場を利用して気楽に働くには適度な距離で仕事を淡々とこなすことが大事

派遣社員という重要視されない立場だからこそ、気楽に働けることについてまとめてきましたが、いかがでしたか?派遣社員の立場の低さを気にしていても、自分を取り巻く環境は変わりません。しかし、自分自身のスキルを磨くことはできます。スキルを磨けば自ずと企業に必要とされるようになりますし、派遣先でも一目置かれるようになるでしょう。クールに自分を磨き続けることが、派遣社員の立場を高め、より気楽に働くための第一歩となるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年3月3日ビジネス