転職活動がうまくいかない時に考え直すべきポイント3つ

2016年11月29日自己分析

転職活動中にどうしても結果が出ない、こんな時どうしたらいい?

Building 562879 640

転職活動をはじめて早数ヶ月。結果が出ない、興味の持てる求人がない、どうすれば…。うまくいかないと、このようなことは人生の中で誰しもが経験する試練のようなものです。転職がうまくいかないことは相当なストレスではありますが、なんとか乗り越えなくてはならないのが現実。そんな転職がうまくいかないとき、私たちはどう振舞えばいいのでしょうか?

一度立ち止まって活動を振り返ってみる

転職がうまくいかない時は一度、気分転換を図り、転職活動方法、希望職種等について、考え直す時間も必要です。何も考えず、がむしゃらに頑張るだけでは転職活動はうまくいきませんしストレスも溜まる一方です。転職活動がうまくいかないときは、冷静に状況を分析して対策を練る心の余裕が大切なのです。

離職中も在職時と同じタイムスケジュールで生活する

離職中の転職活動は、在職中と変わらずに朝から行動するスケジュールを組むことがオススメです。

気分転換のために、週末は知人や友人と会う予定を入れるのもいいでしょう。

一度ダラダラするクセが付いてしまうと、なかなか軌道修正が難しくなってしまうため、転職活動をする際にここは徹底することです。

転職活動がうまくいかない時に考え直すべきこと①本当に転職すべきか?

転職活動がうまくいかないときというのは、一度自分自身を見つめ直すことも必要です。

実際のところ、本当に転職した方が良いのかどうか、転職活動がうまくいかない時には考え直してみることも大切なのです。

考え直すことで、自分の考えをもう一度改めることもできます。

本当に後悔しないか考え直す

しばしば、安易な転職は後悔の元などと言われていますが、 実際のところ、安易に転職して後悔している人も多いようです。

あなたが、もし、長く悩んだ末の転職の決断であったならば、余程耐えられない理由があったはずですが、もし衝動的に転職を志したのであれば、なおさら立ち止まって考え直すべき。

転職がすべてのストレスを解消してくれるわけではない

転職さえすれば全て問題点が解決することは、おそらくないでしょう。転職活動がうまくいかない時は、一度落ち着いて、転職が本当に正しい選択なのかを考え直してみましょう。

転職活動を始める多くの人は何かしらのストレスを抱えているかもしれません。そのため、ストレスをなくす事が転職活動の目的になってしまっている人も多いはず。しかし、転職が全てのストレスをなくしてるわけではないので、その点を忘れないようにしてください。

転職活動がうまくいかない時に考え直すべきこと②何のための転職なのか?

何のために転職するのかということがブレてしまうと、転職の成功が遠のいていくようです。転職活動がうまくいかない時は、改めて何のために転職活動をしているのかということを考え直すこともおすすめします。

優先順位は何なのかを考え直す

転職活動がうまくいかない時に考え直してほしいことは、まず「転職で何を改善したいか優先順位を見失わないこと」

1から10まですべてが理想通りの仕事に就くのはハッキリ言って困難極まりありません。「今の状況の何が不満で改善したいのか」の優先順位を決めて転職活動に取り組むと、転職活動がうまくいかない人でも方向性が見えてきます。

紙に書きだしてみるのがオススメ

優先順位を頭で考えるだけではなく、紙に書き出すなどして、一度頭の中を整理してみるといいでしょう。転職がうまくいかないのは、何のための転職なのかが明確でないからかもしれません。

給与を含めた待遇面、就業時間、業務内容、環境面などについて、本当に求めている条件を考え直してみてください。

転職活動がうまくいかない時に考え直すべきこと③今までの転職活動から学べる事とは?

うまくいかない転職活動の中からも、学べることは多くあります。1回の書類審査の不合格、1回の面接の失敗など、その全てにおいて、なぜそうなってしまったのか必ず原因があるはずです。転職活動がうまくいかないときは、その都度そこで何を学ぶかが、その後の転職活動での結果を決めると言えるでしょう。

失敗から学ぶ【書類選考編】↓

S photo 00099

もし、あなたに十分の能力や熱意があるにも関わらず、書類で不合格になってしまったなら、それを伝えるだけの文章能力が足りなかったことになります。

書類で落とされてしまう場合は、自分のプロフィールが本当にその企業が求めている人材に当てはまっているのかを見直してみてください。当てはまっているのにうまくいかない時は、アピール力が不足しているわけなので、一度その文章を添削してもらうのも有効です。

失敗から学ぶ【面接選考編】↓

また、転職の面接でどうしてもうまくいかない場合、やはり立ち居振る舞いや受け答えに問題があるはずですよね。服装などの身だしなみやハキハキしたしゃべり方、明るい表情など基本的なことが問題ないか、質問されたことに適格に返答できていたか、その志望動機や自己アピールで本当に自分の熱意や能力が伝わっているのか、など見直してみましょう。

転職活動がうまくいかない時は何のための転職なのかなどを考え直す必要がある

転職活動がうまくいかない期間が長引くと、転職の焦りからますます落ち込む負のスパイラルに陥ってしまうことも。しかし、ここが成長のチャンスでもあると捉えてみましょう。

転職活動がうまくいかないときは、ほんの少し立ち止まって、今回ご紹介した3つの事を考え直してみましょう。考え直すことでストレスを溜めることもなく、また新たな方向性が見つかるかもしれませんよ。

転職活動は決して楽なものではありませんが、自分自身の将来のために、うまくいかないときでも前向きに考え直してみて下さいね。

あわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK