隠れホワイト企業の探し方と見極め方の3つのポイント

2017年7月4日ホワイト企業

隠れホワイト企業の探し方①ニッチな業界をチェック

Https   www.pakutaso.com assets c 2014 09 pak77 toukyounobill20140823a500 thumb 1000xauto 5290

就職活動で人気の企業というと知名度が高い大企業の名前がずらりと上がりますが、大企業だからといってホワイト企業であるとは限りません。確かに大企業は安定性も高く給料もいいかもしれませんが、その分激務が求められるブラックな職場であることも珍しくありません。

隠れホワイト企業を探すならニッチな業界をチェックしましょう。ニッチな業界はあまり競争が激しくないことが多く、少数の会社がシェアを独占していることも珍しくありません。ニッチな業界であってもシェアが大きければ事業は安定していますし、激しい競争が無ければ激務を求められることもありません。

ニッチな業界を中心に就職活動

ニッチな業界のトップ企業は知名度こそ低いものの、安定した経営の隠れホワイト企業である可能性はかなり高い企業です。普段目を向けないニッチな業界を中心に就職活動を行えば、隠れホワイト企業に就職できる確率はかなり高まります。

隠れホワイト企業の探し方②OBOGに尋ねる

隠れホワイト企業というのは、一般的な知名度は低くても業界内では有名です。実際に社会に出て働いているOBOGなどの先輩に話を聞き、ホワイトで有名な企業を知っているかどうか尋ねてみましょう。

直接質問しなくてもホワイト企業であるかどうかを調べる方法はあります。たとえば質問メールを送ったのにいつまでたっても返信が返ってこない場合や就業時間をとっくに過ぎてから返信が来る場合は、メールを返す暇がないほど忙しかったり長時間の残業がある会社の可能性が高いといえるでしょう。特に会社で使用しているパソコン用メールアドレスに質問メールを送った場合は返信も会社のパソコンからになるのが普通ですから、常識はずれの時間に返信があればその時間まで会社にいたということになります。

転職希望先ランキングをチェックするのもあり!

就職希望先ではなく転職希望先ランキングをチェックしてみるのもよい方法です。学生にアンケートを取る就職希望先ランキングとは違い、転職希望先ランキングはその業界で働く人にとって魅力ある企業の名前が上がります。転職したい企業というのはブランドや知名度ではなく実際の職場環境を反映した結果になりますから、あまり知名度が高くないのにランクインしている企業があれば隠れホワイト企業の可能性が高いです。

隠れホワイト企業の探し方③データを調べる

隠れホワイト企業を探すときに役立つのが企業に関する各種データです。データは客観的な数字であり嘘をつきませんから、ブラック企業を見抜いてホワイト企業を探すのにとても役立ちます。

企業のデータといっても特別なものは必要ありません。使用するのは四季報や決算書、有価証券報告書等公開されているものだけで十分です。これらのデータには企業としての実力が掲載されていますから、ブランドや知名度とは無関係に本当に安定している隠れホワイト企業を探すことができます。

自己資本比率や離職率などをチェック

例えば、自己資本比率という数字に注目すると倒産の危険性が少ない隠れホワイト企業を探すことができます。企業における自己資本比率は赤字の企業で-5%前後、黒字企業で25~30%程度です。自己資本比率が40パーセントを超えていれば倒産の危険性が少ない隠れホワイト企業といえるでしょう。

その他にも離職率や有給消化率、産休取得率なども隠れホワイト企業を探すために有効なデータです。いくら福利厚生制度があっても実際に活用されていなければホワイト企業とは言えませんから、現場でどの程度福利厚生が活用されているのかを調べてみると隠れホワイト企業が見つかります。

隠れホワイト企業を選ぶ際には知名度やイメージを優先させない

隠れホワイト企業を選ぶ際には知名度やイメージを優先させないようにしましょう。就職活動というと知名度やイメージで就職先を選んでしまいがちですが、本当に優良な企業というのは案外表に出ていないものです。企業を相手にビジネスを行うような企業は、一般消費者の知名度は低い物の経営の安定したホワイトな職場であることが多い企業です。隠れホワイト企業を探すときは視野を広げてより多くの業界、より多様な企業に目を向けてください。"

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月4日転職

Posted by BiZPARK