アルバイトで無茶な連勤を絶対避ける調整策

2016年12月7日アルバイト

アルバイトの出勤日については契約で定める

Money 515058 640

アルバイトをする場合は、何曜日に出勤するのかを決める必要があります。フルタイムのアルバイトをしている場合は、正社員と同じように考えることになりますが、一般的なアルバイトスタッフは、出勤する曜日が限られているので、注意しなければなりません。雇用契約を締結する際に、出勤日を明確に決めておくことが大切です。

アルバイトが固定勤務なのかシフト勤務なのかを意識する

アルバイトの出勤日を決める際は、勤務する曜日を固定するのか、シフト制にするのかを決めておきます。シフト制を採用している企業では、出勤する曜日が毎週のように変化するため、常に確認する習慣をつけなければなりません。シフト制で出勤曜日を決める際は、連勤が何日になるのかを意識する必要があります。労働基準法などの定めに従わなければならないので、連勤の日数が長くなりすぎるのを防がなければなりません。

アルバイト労働者の都合ばかりを押し付けない

学生のように、短時間の勤務を希望しているアルバイトスタッフは、あまり出勤日数を増やしたいとは考えません。しかし、社会人でアルバイトをする場合は、出勤日数を増やすことで収入を増やしたいと考えるため、連勤の日数が長くなっても無理してしまうことがあります。しかし、シフトのバランスを取るうえで、出勤日を決める際は労働者側の都合を押し付けすぎることは禁物なのです。シフトを出す際には連勤の日数を調整しなければなりません。

自分のアルバイトシフトも全体のバランスを意識して決める

連勤の日数が長くなりすぎるのは問題ですが、一部の労働者だけ連勤がないというのも好ましくないものです。原則となる連勤の日数をあらかじめ決めておいて、全体のバランスを意識しながら調整していくことが大切です。アルバイトの労働者が無理なく働くことができるのは、連勤が4日前後の場合です。4日か5日を目安として、シフトを提出していきます。

状況によっては6連勤もありうる

労働基準法などの関係で、連勤の日数は5日までとするのが望ましいのですが、繁忙期などで仕事量が激増してしまった場合などは、6連勤になってしまう場合もあります。この場合、アルバイトスタッフに連勤を強要されることもありますが、きちんと体調管理を行う事が大切です。無理なアルバイトをすると、体調を崩す原因にもなります。

連勤を強要されたら法律の規制に従うよう訴える

6連勤になった場合は、通常よりも多く手当てを支給する義務が発生することがあります。残業時間の管理を徹底しておかなければなりません。残業手当の未払いなどが生じないように、労働時間と合わせて給与の計算も丁寧に行うことが大切です。

アルバイト出勤は無茶な連勤にならないよう店長との相談と体調管理を行おう

アルバイトの立場で仕事をしていても、出勤日数が増える可能性があります。トラブルを避けるためには、きちんと労働契約に定めておくことが望ましいです。出勤日数を増やすことになった場合は、アルバイトで無茶な連勤にならないように、しっかりと調整することが大切です。体調を整えながら、連勤をこなすことが求められます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月7日ビジネス

Posted by BiZPARK