配属先に電話で挨拶をする際に押さえておくポイント

配属先

配属先に電話で挨拶する際の伝え方

配属先に電話で挨拶をする際には、ハッキリと発音して聞き取りやすい声で喋ることを心がけましょう。挨拶というプラスの内容であるにも関わらず、暗い声でぼそぼそとした喋り方では返って悪い印象を与えてしまいます。

電話での挨拶はハッキリと発音して聞き取りやすく

配属先に挨拶の電話をする際には、新人らしく振る舞いましょう。フレッシュさを電話での挨拶から感じ取ってもらえるように、明るい声を心がけましょう。腹式呼吸でお腹で空気を支えて、質の良い声で挨拶をすることが大切です。第一印象が良ければ、それだけ配属先で仕事を始めやすくなります。

配属先への電話での挨拶例

配属先に電話で挨拶をする場合の例は、「○月○日を持ちまして、○○部に配属になります△△と申します。よろしくお願いいたします。本日はご挨拶ということで、お電話をさせていただきました。」です。配属される部署名と日付と自分の名前は必ず伝えましょう。挨拶の時に無駄な言葉が増えない様に、予め練習しておくことが大切です。

「配属される部署名」と「日付」と「自分の名前」は必ず伝える

配属先の部署の上司以外の人物が電話に出た場合は、「○月○日から、○○部でお世話になります△△と申します。部長の○○様をお願いできないでしょうか。」と丁寧に挨拶をして、電話を取り繋いでもらいましょう。上司以外の社員であっても、これから一緒に仕事をすることになるので、好印象を得る為に丁寧な会話を心がけることが大切です。

電話する前に配属先への質問をまとめておこう

入社式で、配属先に電話をして今後の行動について聞く様に言われた場合には、あらゆることを質問しなければなりません。配属当日にどこに向かえばいいのかということや、特別な持ち物があるかどうかを尋ねましょう。

挨拶後は相手が電話を切るまで切ってはいけない

配属先への電話での挨拶の最後締めには、「ありがとうございました。当日に改めてご挨拶に伺わせていただきます。○○部の皆様にもよろしくお伝えください。それでは失礼いたします。」と必ず付け加えましょう。そして、電話は上司が切るまで切ってはいけません。目上の人物との電話では、相手が電話を切るまで切ってはいけないことが常識なので、マナーができていることをアピールする為にも、実践しましょう。

配属先へ事前に電話挨拶をしてビジネスマナーをアピール

配属先に事前に電話で挨拶をしておくことで、良い状態で仕事を始められます。好印象を得られている状態で初出勤日を迎えることができれば、不安や緊張を多少は緩和できます。また、上司だけではなく、同じ部署の先輩社員ともコミュニケーションが取りやすくなるので、仕事で良い成果を挙げる為にも、予め電話で挨拶をしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス