卒業式で後輩に伝える別れの言葉を考える際のポイント

2017年1月16日卒業

卒業式で後輩に贈る別れの言葉では、いつでも力になると伝える

Gf01a201502261100

卒業式で後輩に対して伝える別れの言葉では、必ずいつでも後輩の力になると伝えましょう。後輩は、これから様々な試練にぶつかるでしょうから、くじけそうになった時に、いつでも力になってもらえる先輩がいれば、安心して本来の力を発揮して、試練を乗り越えられるようになります。微力であっても、いつでも後輩の味方であると卒業式の別れの言葉の中で伝えましょう。

先輩は越えられない壁でいよう

先輩は、後輩の越えられない壁でいる事とによって、それを越えようとして後輩に頑張ってもらえます。そして、越えられない壁であると共に、いつでも後輩の味方でいられれば、後輩が送る学生生活における心強い存在になります。

卒業式で後輩に贈る別れの言葉では、感謝の気持ちを伝える

先輩も後輩から様々な学びを得たろ、思い出をもらっているはずなので、卒業式の別れの言葉では必ず感謝の気持ちを伝えましょう。ひたむきな姿を見て、大切な事を思い出した経験があるのであれば、その時のエピソードを卒業式の別れの言葉に盛り込んで、より充実した内容にしましょう。

失敗と成功の両方の思い出を盛り込もう

今までにどういった思い出があったのかを思い出して、失敗と成功の両方の思い出話を卒業式の別れの言葉のなかに盛り込みましょう。そうすれば、より今までの先輩との生活が充実していたと思ってもらえます。また、それらの経験を思い出して、後輩の身になるとも考えられます。

卒業式で後輩に贈る別れの言葉では、後輩にアドバイスを残す

人生の先輩として、卒業式の別れの言葉では後輩にアドバイスを残してあげましょう。就職活動や大学受験など、後輩がこれから経験する事に対してのアドバイスがいいでしょう。また、部活や勉強の時の考え方や、モチベーションを上げる方法など、実際に自分がしてきて成功した内容惜しまず伝えてあげましょう。

後輩に自信を持ってもらおう

後輩に自信を持ってもらう為に、アドバイスだけではなく、具体的にどういったことが自分たちの糧になったのかを伝えましょう。アドバイスされると、それだけ成長しきれていないと指摘されていると感じる後輩もいるので、現在の自分に自信を持ってもらえるよう伝えるのが大事です。後輩が遅くまで残って練習や勉強をしていたのであれば、その様子を見て頑張ろうと思わされたなど、後輩が先輩に対して良い影響を与えたと伝えましょう。

卒業式で後輩に贈る別れの言葉は、しっかり心に残る内容になるまで考え抜こう

卒業式の別れの言葉では、後輩に後を引き継ぐことを伝えましょう。今度は、後輩に後輩が出来て、自分たちが先輩になるので、より良い先輩になってもらえるようにアドバイスをするのが大切です。そして、先輩として、後輩に何かを伝えて残せれば、自分が歩んできた軌跡を残せますし、別れの言葉は時間をかけてじっくり考えましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK