春闘のスローガン応募前に参考にしたい標語の考え方

スローガン

標語集を参考に!春闘の前に必ずスローガンの発表が

Cat 1234991 960 720

春闘の前には必ずスローガンの発表があり、毎年のように春闘のスローガンとして掲げられています。

この春闘のスローガンの思いに沿って労働組合は交渉を考えることとなり、常にスローガンを頭の中に入れつつ行動する事となります。

過去の春闘のスローガンについては標語集に記載され、実際に利用されているスローガンもわかるようになります。春闘の標語集は一度くらいは見ておくようにしましょう。

春闘のスローガンは企業に向けてのアピールが多い

春闘の標語集を読めばわかると思いますが、春闘は特定の企業に対して勝利を勝ち取るという内容が多いです。

これは会社ごとにスローガンを出しているからであり、親会社に対して勝利を勝ち取るために、春闘のスローガンとして掲げています。

従って特定の企業を対象とするものも多く、中にはかなり過激な内容が書かれている事もあるのです。

標語集を参考に!スローガンは応募形式で作られる場合も

本来であれば労働組合が率先して考えるものですが、大規模なものになると応募形式となる事があります。時期が近付いたら応募を開始し、一番いいと思われた標語を今年の春闘のスローガンとして採用します。

応募するのは該当する企業の社員が多いですが、中には一般の方から応募を受け付ける場合もあります。

スローガンの応募を要求される事も

こうした応募形式の場合、新入社員を中心に応募を検討するように指示されます。

一番下の立場にいる以上、どうしてもこうしたものの応募は避けられない事となり、スローガンを1つは考えなければなりません。

どのようなのでも構いませんが、過去に利用されている標語集を見て、明らかに盗作したようなものだけは避けてください。標語集はあくまでも参考程度にしましょう。

大きな事故が起こるとそれがスローガンに入る

過去に大きな事故を起こしている場合、翌年の春闘ではその事故に関する標語が作られます。事故を忘れることは無く、それを防止するために会社と労働組合が闘うことをアピールする標語になります。

会社としては事故の賠償という部分に加え、労働組合の要求にも闘うこととなるので、かなり力の入る標語が生まれます。

標語集には過去の例が沢山ある

こうした大きな事故を起こした時dsや、色々な問題が起きている場合は、色々な標語が作られることになります。

過去の例は沢山存在し、標語集によって纏められている物も沢山あります。

気になったら1度見た方がいいですし、もし標語を作る側になったら、参考にする程度でも良いから目を通しておくといいです。

春闘のスローガンを考える前に標語集を一度は見ておこう!

過去の春闘で利用されているスローガンを集めたものが標語集であり、多くの標語をそのまま記載しています。過去に合ったことがそのまま標語に使われていることや、絶対に負けない気持ちを残している標語も多数あります。インターネットなどで検索し、非常に重要なものであると同時に、標語集を見ながら自分だったらどのような物を作るか考えておくといいです。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職