入社時に源泉徴収票が必要な理由と提出するメリット

源泉徴収票

入社して源泉徴収票を提出する理由は「年末調整に必要だから」

Bank note 209104 960 720

なぜ入社時に源泉徴収票の提出が必要なのかという理由ですが、年末調整で必要だからです。入社してからもらった給料と、払った所得税について確認する必要があります。それが確認できないと、新しい仕事での所得税を調整することができなくなるのです。入社する会社に迷惑をかけないためにも、源泉徴収票を提出するようにしましょう。

源泉徴収票を提出しなければ所得税を払い過ぎてしまう

所得税は1年間の収入で決定します。1年以内に仕事を変えた場合、前職の源泉徴収票がなければ年末調整が正確にできないのです。正確に年末調整ができない場合、所得税を払い過ぎる可能性が大きく、つまり損をしていることになります。

払い過ぎた所得税を受け取るためには源泉徴収票を提出が必須

払い過ぎた所得税は年末調整で還ってくる仕組みになっています。払い過ぎた所得税が還ってくるためには、源泉徴収票は提出した方が良いのです。

自分で確定申告をするという手段もありますが、手間がかかります。年末調整なら提出さえすれば会社がしてくれるのですから、入社時に点線徴収票の提出が求められたら、必ず提出しましょう。

払い過ぎた所得税は給料に加算されて還ってくる

払い過ぎて還ってくる所得税は、給料に加算されるのでボーナスのような気分を味わえます。書類さえ用意すれば勝手に進めてくれて、それでいて給料日に給料に加算して払ってくれるのですから、こんなにいいことはありません。

源泉徴収票をもらっていない、失くしてしまった人は前職に必ず問い合わせて入手しましょう。

前職に源泉徴収票の発行依頼ができない場合

どうしても前職に源泉徴収票の発行のお願いを自分で言いにくいというのであれば、税理士の人に頼んで発行をお願いしてもらうというのも可能ではあります。

もちろん無償でというわけではありませんが、自分で確定申告をする手間を考えたら、この方法の方が良いかもしれませんね。

会社の担当者に依頼する方法もあるが自分自身でお願いするのが一番

Background 20126 960 720

会社の総務部などに頼んで前職に連絡してもらい、発行をお願いするというパターンもあります。応じてくれる会社は応じてくれるでしょう。

ただし新入社員という立場を考えると、会社にそのようなお願いをするのは避けた方がよいでしょう。税理士の人にお願いするか、自分自身で何とかするというのが一番です。

入社時に源泉徴収票を提出する理由は所得税を払い過ぎて損をしないため

入社時に源泉徴収票が必要な理由と提出するメリットについて説明しました。

源泉徴収票は年末調整に必要です。源泉徴収票を提出しなければ、所得税を払いすぎたり、払い過ぎた所得税が還ってきません。自分が損をすることになるのです。源泉徴収票は必ず提出しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職